フランスの免税手続きはどうする?書類作成や空港の申請方法を説明!

a0e01bebbacf8885921c8273c2bd56fe_s

フランスなどEU加盟国での買い物では日本でのいわゆる消費税にあたる付加価値税(TVA)を支払っています。EU加盟国以外に住んでいる人はEU加盟国外に出る場合は、手数料を差し引いたTVAを払い戻してもらえる免税手続きを行うことができます。どうやって手続きをしたらいいのか、詳しく書いていきますね。

スポンサードリンク

関連記事→楽天やゆうちょで海外送金がお得?銀行以外の方法と手数料や日数を比較!

 

付加価値税(TVA)還付について

一日に一つのショップで合わせて175ユーロ以上の買物をした場合に免税の対象となります。ちなみに、ギャラリーラファイエットやプランタンなどのデパートは、建物全部で一つのショップとみなされ、それぞれのお店で購入したものを合算して手続きを行うことが出来ます。

ただ、食品などで一部免税対象外のものもあります。TVAは商品によって13~18.6%と幅があります。

関連記事→フランス旅行の服装はどんなものがいい?

 

購入時の手続きの方法

175ユーロ以上の買い物をした場合に申請が可能になります。路面店など一般のお店では、購入の際に店員さんに頼んで書類を作成してもらいます。また、パリの主要デパートなどでは専門のサービスカウンターがあるので、その日に購入したすべてのレシートと商品をもっていき、書類を作成してもらいましょう。デパートでは、日本人向けの専用カウンターがあり、日本語も通じるので安心ですよ。

空港などの免税店は、すでに免税された金額で販売されているので、面倒な手続きは必要ありません。ただ、たまに免税されている商品を購入しても、後ほど手続きが必要な場合もあるので、確認をしてみるようにしてください。

免税の手続きをお願いする場合は、フランス語で

Détaxe s’il vous plaît(デタックス・スィル・ヴゥ・プレ)
免税手続きをお願いします。

といいます。

免税手続きにはパスポートが必要で、その際に、現金かクレジットカード振込の払い戻し方法を選択します。クレジットカードを選択した場合は、クレジットカードの番号も必要となります。そして、輸出販売明細書(bordereaux de vente à l’exportation – BVE)と返信用の封筒を受け取りましょう。

輸出販売明細書は、1枚だけになっているものや複数枚で写しがあるタイプ、レシートと一体化したものなどお店によって異なります。

関連記事→フランス旅行の予算はどれくらい?

 

出国の際の手続きの方法

手続きに必要なもの

空港での手続きに必要なものは以下になります。

輸出販売明細書
返信用の封筒

商品を購入した際にお店で作成してもらった免税手続きの用紙と封筒です。手続きで必要なので、空港に行く際には、パスポートや航空券などと一緒に、すぐに取り出しやすい場所に入れておきましょう。

パスポート

免税の申請を行う本人のパスポートが必要です。一緒に搭乗する家族などのパスポートは使えないので注意してください。

帰国の際の航空券

帰国の際の航空券(Eチケットでも可)はパスポートと同じく、免税の申請を行う本人のものでなくてはいけません。搭乗手続きの後に免税手続きを行う場合は、搭乗券でもOKです。

購入した商品

免税の申請を行う商品を見せなくてはなりません。免税手続きの前に、搭乗手続きを行い、間違えてスーツケースなどと一緒に商品を預けてしまうと、免税の手続きがされないことがあります。免税対象となる商品は、手荷物として機内に持ち込むか、あるいは先に免税手続きをして、そのあとに搭乗手続きをするようにしましょう。

ただ、手続きの申請を行う人が多い場合など、商品を見せるように言われないこともあるようです。ちなみに、商品は未使用でなければなりません。また、タグやチケットがない場合も、使用したとみなされる場合もあるので注意してください。

スポンサードリンク


関連記事→海外送金トランスファー ワイズ ジャパンの評判や口コミは?受け取りや口座開設や難しい?

 

手続きの手順

手続きはPABLOという端末を用いる場合と、窓口で係員にお願いする2つの方法があります。それぞれ説明してみますね。

 

PABLO

PABLOは輸出販売明細書にPABLOと記載してあるものしか使うことが出来ません。窓口だと長い列ができていることもあるし、PABLOは日本語でも対応しているので、もしこちらが使えるのであればおすすめです。

①画面で使用する言語を選択する。
②ガイダンスの通りに進み、輸出販売明細書のバーコードをかざす。

緑色の画面に「OK 認証済免税証」と表示されれば手続きは完了なので、 書類を封筒に入れてすぐそばにあるポストに投函します。その際に控えを保管するのを忘れないでください。赤い画面で「失敗」と表示された場合は窓口に行かなければなりません。
関連記事→フランスの入国審査・出国の手続きはどうする?

 

PABLOのビデオもあったので掲載しますね。

関連記事→フランス旅行の必需品は何?

 

窓口

①窓口で申請に必要なものを提示する。
②係員が輸出販売明細書にスタンプを押して返却する。

輸出販売明細書にスタンプがきちんと押されているのかを確認したら、書類を封筒に入れて、ポストに投函してください。

クレジットカードでの返却を希望する場合は、こちらで手続きは終了で、2~3か月後に指定されたクレジットカードを通して返金されます。現金での返却を希望した場合は、空港内の両替所「Travelex」に輸出販売明細書を持っていき、返金してもらいます。ちなみにこの場合は、返金はユーロになりますので注意してください。

どちらも実際のTVAの税率から手数料が引かれた金額が返金されます。

関連記事→フランス(パリ)のWIFI事情は?レンタルできる?

 

手続きの注意点

免税の手続きはEU加盟国を何か国か回る場合は、まとめて行うことが出来ます。例えば、ヨーロッパ数か国を旅行する場合で、フランスの後にドイツに行き日本に帰国する場合は、最終国のドイツで手続きをするのがおすすめです。

その場合は、フランスとドイツで買い物をしたものをまとめて申請することが可能です。手続きは、買い物をした日から3か月以内が有効なので気を付けてください。

関連記事→フランスのお土産はお菓子?雑貨?ブランドは何がある?

関連記事→フランスで鉄道に乗りたい!TGV(SNCF)の予約方法

 

フランス旅行にはWIFIが必須

フランスで個人旅行に行く場合に、いつでもイレギュラーなことに対応できるように、ポケットWIFIを持っておくことをおすすめします。

フランスではフランス語でgrève(グレーヴ)と呼ばれるストライキが、ありとあらゆる場所で起こります。そのため、予想していた電車に乗れなかったとかいうことが本当に普通にあります。

そう言うときにすぐに対応できるようにするためには、インターネットがとても便利です。

フランス国内でもパリなど主要な都市の主なレストランやカフェだとフリーWIFIが使えるところも多いです。ただ、なぜかスマートフォンやタブレットがエラーになって繋がらないことも度々あります。そういった場合は、店員さんに質問しても、理由がわからず、結局つながらなかったということもよくあるんです。

一方、あまりフランス語がわからないため、店員さんに相談するのも難しいという方も少なくないかと思います。

そういう時に、日本からポケットWIFIがあると、どこでも場所を選ばずに日本語でネットが使えて便利ですね。

私も日本から友達や家族が遊びに来るときは、皆ポケットWIFIを契約して持ってきています。

皆が使って好評だったのが、グローバルWiFiです。

フランス国内のどこでもきちんとつながり、今まで一度も不満に思ったことがありません。

値段も日数で計算できるところが良いですね。

フランスに旅行に来られる場合は、保険の意味でもポケットWIFIをぜひ考えてみてくださいね!
 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る