フランスで鉄道に乗りたい!TGV(SNCF)の予約方法

m-diath-que-sncf-patrick-messina-1447355-142

 

フランスと言えばTGV

一時、TGVと言えば、世界最速列車と言うことで日本でも話題になっていましたね。

TGVと言うのは、いわゆる超特急列車のことで、この超特急列車は、フランス国内だとTGVですが、パリとロンドンを結ぶものだとユーロスター、パリとブリュッセルを結ぶものだとタリスと名前が変わります。

ただ、どのチケットも買い方は同じです。

出発地と到着地、日程や時間などを選ぶと買うことができます。

TGVを管轄しているのは、SNCFと言うフランス国有鉄道です。

よく、TGVとSNCFってどう違うの?と言われますが、SNCFはJRのことで、TGVが新幹線のようなものですね。

VELTRA

スポンサードリンク

関連記事→フランスのお土産はお菓子?雑貨?ブランドは何がある?

 

電車のチケットを買う方法

①駅構内の機械で買う

機械は誰でも入れる場所にあるので、24時間365日好きな時に買うことができます。

②駅構内の窓口で買う

フランスのものすごい田舎だったり、夜だったりするとたまに窓口が開いていないことがあります。

また、窓口のカウンターは6個や8個やあったりするのですが、実質稼働しているのは大体2個程度のことが多いです。

これは、首都パリでも同じです。

フランス人はものすごくのんびりしているので、人がどんなに並んでいようが、混んでる時間帯であろうが、関係ないようです。

自分のペースを曲げません。

乗りたい電車の時間が決まっていて、その前にチケットが買えなかったらその電車には乗れなくなってしまうので、きちんと時間配分を見て、余裕を持ってチケットを購入しましょう。

③インターネットで買う

前もって乗る電車の日にちと時間が決まっているのなら、こちらが便利です。

電車のチケットは、早めに買うと割引があります。

TGVでさえ、半額程度になることもあります。

座席は1等席と2等席の2種類があり、チケットの値段は席数によって幅があります。

一番安いものは、払い戻しや変更がきかなかったり、もう少し高いものは前日まで払い戻しや変更がOKだったり、一番高い正規料金のチケットは、出発後でも払い戻しがされたりと色々とあります。

ただ、プラス料金を払って保険をかけると、万が一安いチケットでも乗れなかった場合に、払い戻しができることもあります。

安いチケットは数が決まっているので、気になるものがあったら、早めにチケットを購入しましょう。

購入したチケットは印刷するか、スマホを持っていたら、その購入画面を見せるか、あるいは、印刷もメール画面も見せれなくても、登録した誕生日と名前を伝えるとOKです。

関連記事→フランス旅行の注意点は?詐欺被害の生の声

 

インターネットでのチケット購入方法

わかりやすいインターネットでのチケット購入方法の動画を撮ってみました。

良かったら見てみてください。


スポンサードリンク

関連記事→フランス旅行のお勧めはどこ?

 

チケット購入後の注意

窓口や駅構内の機械でチケットを購入する場合は、日にちや時間の指定をせずに買うことも出来ます。

その場合は、composterと呼ばれる、チケットに刻印を押す必要があります。2750222これは、電車に乗る、ギリギリ前にするようにしましょう。

あまり早めに押してしまうと、駅員にチェックされて、無効にされてしまうことがあります。

その場合は、罰金として正規料金の3倍以上のお金を払わされてしまいます。

基本的には、チケットを持って電車に乗るのですが、フランスでは日本のような改札口がありません。

チケットを持って電車に乗っていると、駅員が見回りに来ます。

そこでチケットを持っていないと罰金です。

ただ、駅員が必ず来るとは限りません。

また、最近はテロの影響か、電車によっては乗る前にチケットを見せるように言われることもあります。

チケットを購入するのに、語学に不安がある場合は、わかりやすいフランスの鉄道チケットが買える
日本語のサイト
も見つけました。

こちらだと、簡単に購入することができます。

値段も見てみましたが、フランスの正規料金と殆ど変わらないようです。

クチコミも良いみたいなので、良かったら参考にしてみてください!

トリップアドバイザーは日本語で観光名所の口コミが見れるので便利ですよ。

私もよく参考にします!

フランスのホテルの口コミはこちらがおすすめですよ。

海外旅行に慣れている人ならば、トリップアドバイザーのようなサイトを参考にするのがよいでしょう。

逆に、海外旅行に慣れていないような人は、海外ホテル予約は日本の旅行会社を経由するのがいいかも。

パリにはJTBの支店があるので、いざというときに安心です!

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事



 

カテゴリー

ページ上部へ戻る