ストウブ・ココット鍋の発祥地!アルザスのチュルクハイム村

16237514_1474308985943325_741186149_n

 

最近日本でもストウブ(staub)のココット鍋が大人気ですね。

今日は、そんなストウブの発祥地であるアルザス地方のチュルクハイム村(Turckheim)について紹介します。



スポンサードリンク

チュルクハイムへの行き方

アルザスはストラスブール(Strasbourg)から南へ下り、木組みの家々が連なりアルザスの伝統を感じるのどかな街で有名なコルマール(Colmar)からSNCFの列車で約10分ほどで、ワイン街道にある小さな村チュルクハイムに到着します。

(ColmarーTurckheim間、約2ユーロ)

 

関連記事→フランスで鉄道に乗りたい!TGV(SNCF)の予約方法

私はこの村へはストラスブールから車で行きましたが、村に着くまでに、果てしなく続くワイン畑の景色の美しさに魅了されたのを覚えています!

関連記事→フランスのアルザスワインの特徴ってどんなもの?格付けは?

 

16216010_1474317042609186_1244685969_n

ストウブの本社

このチュルクハイムには、数件のレストランと、鋳物調理器具で有名なストウブの本社があります。

アルザスの象徴は、幸せを運ぶとされるコウノトリで、日本でも、このシンボルの意味のように幸せがずっと続くようにと、結婚のお祝いにストウブのお鍋や調理器具を贈る人も増えているようです。

このストウブの本社、工場に併設されている直売店があります。

倉庫のように広い店内は、一歩踏み入れるとホーローのお鍋やセラミックのココットが色とりどりに並べられ、サイズもいろいろ、商品手前に価格リストが備えられているので、商品によって異なる割引率を確認しながら商品を選べます。

関連記事→フランスのお土産はお菓子?雑貨?ブランドは何がある?

 

Second choix といって、多少色むらがあったり、塗料が少し跳ねた跡が見うけられるB級品も数多く店内に並んでいますが、素人の目には難もわからないので、このB級品はかなりお得だと思いますよ。

直営店とはいえ、B級品でもなければやっぱり値は張るストウブの品々、私は結局お鍋は躊躇して踏ん切りがつきませんでしたが、このB級品コーナーのグラタンプレートオーバル(大)を40ユーロ強で、一つだけ買いました。

Magasin STAUB Turckheim ストウブ チュルクハイム店
Rue de l’Huilerie
68230 Turckheim

月ー土 10h00-12h30, 14h00-18h30
Tel: 03 89 27 11 55
Shop.turckheim@zwillong.com



スポンサードリンク

お勧めなレストラン

小さな村ですが、アルザスの郷土料理を提供するレストランも数件連なっていました。

その中で、私が入ったお店をご紹介します。

Restaurant de la Tour(レストラン ドゥラ トゥール)
1 Place de la Republique 68230 Turckheim
Tel: +33 3 89 27 06 29

伝統的なアルザスのお皿やストウブの調理器具でサーブされるお料理は、どれも優しくてあったかい家庭料理が印象的でした。

16244101_1474314902609400_324472599_n

お値段も良心的です。

私の初シュークルートがこのお店でしたが、ウインナーにベーコン、塩分がどうしても多くなりがちなアルザス料理ですが、こちらは味付けも濃すぎず丁度よく、美味しかったですよ。

フランス料理界の巨匠ポールボキューズ氏と有名三ツ星レストランのシェフたちによる監修の元開発されたこのストウブの調理器具を求めて、そしてもちろん、この地方だけのグルメも村巡りの楽しみの一つとして、チュルクハイムに立ち寄ってみてはいかがですか?

トリップアドバイザーは日本語で観光名所の口コミが見れるので便利ですよ。

私もよく参考にします!

フランスのホテルの口コミはこちらがおすすめですよ。

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事



カテゴリー

ページ上部へ戻る