パリからニースへはどうやって行く?気候はどんな感じ?

パリ ニース

フランスの中で、パリに次いで人気の高い観光地ニース。ニースといえば、フランスでみんながこぞってバカンスに訪れる南仏の中でも、特に人気のある街のひとつです。

パリなどフランスの北の方の街は、冬になるとずっと曇っています。そのため、冬季うつになる人も多いんです。

関連記事⇒冬季うつかチェックしてみよう!症状と対策ってどんなもの?

 

しかし南仏は、晴れになっている日が多いため、フランス人も南仏に引っ越したいと考える人も多いのです。

そのため、フランスで一番好きな街はまず間違いなくニースと答える人も多いようです。

パリからニースへの行き方やおすすめな観光地などについて書いてみますね。

スポンサードリンク

 

パリからニースへの行き方

パリからニースまで行く方法として主なものに、飛行機と電車があります。

飛行機は航空会社によって、パリの中でもシャルルドゴール空港発のものとオルリー空港発のものがあります。

LLCなど安い飛行機は、主にオルリー空港から出ているものが多いので、アナタが飛行機に乗る場合は、どちらの空港なのか、間違えないようにチェックしておいてくださいね。

ワタシは一度、オルリー空港に行かないといけなかったのを間違えてシャルルドゴール空港行きのRERに乗ったことがあります。途中で間違いに気づき、乗りなおしたので、どうにか間に合いましたが・・・。

パリ市内から空港まではおよそ1時間、またパリ・シャルルドゴール空港からニース空港まではおよそ1時間半で行くことが出来ます。

一方、電車に関しては、パリのリヨン駅(PARIS GARE DE LYON)からニース(NICE VILLE)行きのTGVが出ており、およそ7時間で行けます。

少し遠いですが乗り換えもないので便利です。

正規の値段で片道120ユーロ前後ですが、早めに買うとおよそ半額の値段で買えます。

フランス国内の移動は電車がおすすめ

フランス国内で電車に乗って移動する際に、ヨーロッパ鉄道パスとチケットを持って行くという方もいるでしょう。フランスのTGVなど、国鉄であるSNCFのチケットは乗車日の約3ヶ月前から予約が開始されます。

全席指定席で、空席が少なくなればなるほど料金が上がっていく仕組みです。

例えば出発直前にチケット購入するとパリ→ニース111€~ですが、予約開始直後、つまり乗車日の3か月前にチケット購入するとパリ→ニース39€~と料金が大幅に違います。

安いチケットは払い戻し不可、日程変更不可など縛りもあるのですが、前もって旅行プランの詳細を決められる場合は、予めチケットをフランス国鉄のサイトからオンライン予約してしまえば、かなりお得に済ませられます!

フランス語に不安がある方は日本語でフランスの鉄道チケットが買えるサイトもあります。

こちらはわかりやすいのでオススメです!フランスで買うのと、値段もほとんど変わらないです。



フランス語で電車のチケットを購入したい方はこちらを参考にしてみてください。

関連記事→フランスで鉄道に乗りたい!TGV(SNCF)の予約方法

 

ニースの気候

電車でパリからニースに向かった場合、車窓からの景色がどんどん変わっていくのもお楽しみです。

ニースの人気の理由はなんといってもその暖かで過ごしやすい気候。

これは南仏全体に言えることですが、とにかく毎日ぽかぽか天気が良くて、夏はすごく暑いんだけれども、日本みたいにむしむしはしていない。

なんというかこう、カラッとした気持ちいい暑さなのです。

なのでニースに行くなら断然夏がオススメですね。眩しく輝く太陽の下、キラキラと光る青い海。

日本では女子たちが日傘を差し日焼け止めを塗り、白肌キープに躍起になる夏。

ニースでは老若男女みんなこぞってビーチに出てサンオイルを塗りたくり、ガンガン肌を焼いています。

これぞ!バカンス!ただ、一つ留意事項があるとすれば、ニースのビーチはほとんどが石浜です。

砂浜ではありません。コロコロした石です。

ビーチでゴロゴロしたい方は厚手のタオルまたはビーチシートを敷くか、浜辺のお店などに置かれているデッキチェアを使いましょう。

関連記事⇒ニースの天気とおすすめな服装を月毎に紹介!

 

ニースの治安

さらにニースは、治安の良さも抜群。

世界有数のリゾート地なので街並みは美しく、綺麗に整備されています。

パリやマルセイユなどの大都市に比べると犯罪率もかなり低く、日本人観光客が多いのも納得です。

街の中心にあるメインストリートにはおしゃれなお店が立ち並び、洋服や雑貨なども割と手頃な価格で購入できるのも魅力です。

南仏の中でも、マルセイユほどごちゃごちゃしておらず、カンヌほど高級過ぎない。

個人的にはいろいろとちょうど良かったです。

 

ニースのおすすめな観光地

ショッピングじゃなくて、純粋にニースの景色を楽しみたい!という方は、迷わずキャッスル・ヒル(コリーヌ・ド・シャトー)へ。

石の階段を一生懸命登っていくと(一応エレベーターもありますが)小高い丘(もはや山?)の上には大きな城跡公園が広がります。

そこの展望スポットからの景色はもう絶景!!!の一言。

青い海、真っ白な海岸線、オレンジ色の屋根が並ぶ南仏特有の街並み、そしてその奥に広がる青々とした山々・・・ニースという街すべてが見渡せます。

旅行雑誌やパンフレットに載っている写真そのままの景色を自分の目で思う存分味わえますよ。

スポンサードリンク

関連記事→モナコを観光したい!見どころはどこ?

 

ニースで食べたい地中海の豊富な海の幸

さて、歩き疲れたらレストランへ。

やっぱりここでは地中海の豊富な海の幸をいただきましょう。

イタリアとの国境が近いことからイタリアン風のお店が多く、オリーブやトマトをふんだんに使った海鮮料理、パスタ、ピザ、パエリア等々、美味しくてボリューミーなお料理がお手軽な値段で楽しめます。(もちろんなかなかのお値段のお店もあるので注意)

そんな海鮮料理のオススメのいただき方は、よく冷えた白ワインとの組み合わせ。

関連記事⇒白ワイン辛口のおすすめは?人気なものや合わせたい料理も紹介

 

相性最高です!ああ、想像しただけでヨダレが・・・

お店を出たら、食後のデザートに冷たいアイスクリームをどうぞ。

暑い太陽の照りつける南仏では、夏になると日本でいうコンビニのごとくアイスクリーム屋さんが立ち並びます。

日本では見かけない珍しいフレーバーもたくさんあるので、ぜひお気に入りを見つけてみてくださいね。

いかがでしたでしょうか。

ここまでいくつか観光ポイントを挙げてきましたが、ニースは本当に本当に一度は訪れて欲しい素敵な街です。

フランスといえばまずパリを思い浮かべる方も多いと思いますが、ニースはまたそのような大都市とは違った、フランスらしい開放的で陽気な民族性をを肌で感じられるという魅力があります。

ぜひ一度、足を運んでみてください。

きっと、お気に入りの場所になりますよ。

人気の観光地についての口コミはトリップアドバイザーに載っています。こちらからツアーの予約をすることも可能ですよ。

 

こちらのサイトだと、色んな会社が用意している、パリ発のツアー一覧を見ることが出来ます。色々と見比べることが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。

VELTRA

費用を抑え満足のいくホテルに泊まるコツ

フランスはホテルによって質が全然違います。安ければいいというわけでもなく、あまりに安いホテルだと、周りの環境があまり良くないということもあり得ます。

値段も抑え、質の良いホテルに泊まるには、早めに良いところを予約することが大切です!私も良く利用していて、海外旅行に慣れている人に人気なのがBooking.comですが、やはり人気の部屋からどんどん埋まっていきます。

日本だとホテルの部屋は一人ずつで値段設定がされていますが、フランスの部屋だと一部屋ごとの値段設定になっています。

Booking.comは部屋の代金もユーロや円など自分の希望で設定を変更することが出来るので、とても分かりやすいです。値段を抑えたい方はお早めに予約してくださいね!


海外旅行に慣れてない人に

海外旅行に慣れていない人だと、自分で予約したり準備するのに不安もありますよね。

そういった方向けに、無料で海外旅行ツアーの見積もりをしてくれるサイトもあります。フランスは電車や飛行機のストライキも多いので、実際に計画してフランスに来てみたのはいいけど、希望通りに行動が出来なかったということも多々あります。そのため、海外旅行になれていない人にはツアーをおすすめします。

こちらのタウンライフ旅さがしは、毎月数百人が利用している、海外旅行ツアーの見積もりをしてくれるサイトです。

登録は無料で、登録後に自分の希望する地域の色んな会社のツアー一覧を案内してくれます。

登録をしたら、絶対にツアーを利用しないといけないかというと、そういったことは一切なく、まずは色々とツアーを調べてみたい方にお勧めです。

Capture

しかも今なら、こちらから登録して海外旅行の提案依頼をした方に、海外旅行を成功させる7つの法則が記載された海外旅行に役立つ小冊子がプレゼントされます。

利用者が多いということは、口コミも高いので、ぜひ気になる方は登録だけしてみてください。

関連記事→フランスのユネスコ世界遺産が知りたい!

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク


フランス旅行にはWIFIが必須

フランスで個人旅行に行く場合に、いつでもイレギュラーなことに対応できるように、ポケットWIFIを持っておくことをおすすめします。

フランスではフランス語でgrève(グレーヴ)と呼ばれるストライキが、ありとあらゆる場所で起こります。そのため、予想していた電車に乗れなかったとかいうことが本当に普通にあります。

そう言うときにすぐに対応できるようにするためには、インターネットがとても便利です。

フランス国内でもパリなど主要な都市の主なレストランやカフェだとフリーWIFIが使えるところも多いです。ただ、なぜかスマートフォンやタブレットがエラーになって繋がらないことも度々あります。そういった場合は、店員さんに質問しても、理由がわからず、結局つながらなかったということもよくあるんです。

一方、あまりフランス語がわからないため、店員さんに相談するのも難しいという方も少なくないかと思います。

そういう時に、日本からポケットWIFIがあると、どこでも場所を選ばずに日本語でネットが使えて便利ですね。

私も日本から友達や家族が遊びに来るときは、皆ポケットWIFIを契約して持ってきています。

皆が使って好評だったのが、グローバルWiFiです。

フランス国内のどこでもきちんとつながり、今まで一度も不満に思ったことがありません。

値段も日数で計算できるところが良いですね。

フランスに旅行に来られる場合は、保険の意味でもポケットWIFIをぜひ考えてみてくださいね!

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る