モンサンミッシェルのオムレツって美味しい?作り方が知りたい!

the-famous-omelette

 

今回紹介するのはモンサンミッッシェルに本店を持つラ・メール・プラール(La Mere Poulard)というお店です。

このオムレツはよく日本のテレビや雑誌でも取り上げられているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

モンサンミッシェルに行きたいといっている日本人にたまに会いますが、大抵、このオムレツを食べたいと言っているような気がします。

モンサンミッシェルのオムレツについて、説明しますね。

スポンサードリンク

ラ・メール・プラール

さすが、日本人観光客も多いようで、日本語のサイトもあります。

13563819

La Mere Poulard
住所 :Grande Rue – BP 18
50170 LE MONT-SAINT-MICHEL FRANCE
電話番号 :+(33) 2 33 89 68 68
Fax :+(33) 2 33 89 68 69
E-mail :contact@merepoulard.com?
インターネットサイト(日本語) ://jp.merepoulard.com/158-#sthash.65PuzAVr.dpuf

関連記事→パリからモンサンミッシェルの行き方が知りたい!値段はどれくらい?日帰りで行ける?

 

このオムレツとはどういうものかというとプラールというおばさんが精進料理しか食べることができない巡礼者のために栄養価の高い卵の大きなオムレツを作りもてなしたのが始まりだといわれています。

モンサンミッシェルでは豊富な食材が手に入る場所ではありませんでした。

そこでプラールおばさんは入手可能なたまごと良質なチーズ、バターを使ってボリュームのある「特製オムレツ」を考案したのです。

スポンサードリンク

びっくりするその大きさ

こんなに大きなオムレツは見たことがありません。

そもそもこれほどの大きさの料理自体、思い浮かびません。

ここまで聞いたところいってみたいと思ってしまうラ・メール・プラール。

モンサンミッシェルで食べる巡礼グルメは旅人の話のネタとしてもおさえておきたいところです

数個のたまごから生み出されるふわっふわのオムレツ

そして、ウエイターさんに言えば、厨房からケチャップも持ってきてくれます。

でも、ここのお店のクッキーは素朴でさくさく、とてもおいしいのでフランスのお土産にはもってこいです。

関連記事→エシレバターとは?食べ方やレシピも紹介!エシレバターケーキもお勧め!

 

ふわっふわオムレツの

ほのかなバター味という感じでしょうか。

なので、これからお召し上がりの方は、ハム入りとか、エビ入りとかの変化球な料理をおすすめします。

VELTRA

ちなみに、このレストラン、観光客が多いせいで、観光客対応になっており、クチコミがあまりよくありません。

フランス語がわかればそうではないのですが、フランス語がわからない日本人だと、特にそういった態度をされるようですので、注意してください。

メニューは日本語のものも持ってきてくれます。

コース料理は、最低30ユーロ弱からとメニューには書いてあるのですが、よく見ると小さく、オマールエビやオムレツが25ユーロ/100gと言う風に書いてあります。

何もわからずにメニューを選ぶと、頼んでもないのに勝手に300gのものを持ってきて、お会計をするときに、一人100ユーロ近くかかったという被害にあっている人が多発しているようです。

嫌な思いをしないように、注文前にきちんとメニューを読むようにしましょう。

実は現地まで行かなくても日本にも支店があります。

有楽町の1号店のほか、横浜のマークイズという商業施設にも入ってます。

ちなみに、東京にある支店だと、ランチコースは2980円からです。

現地よりも安い価格で食べられることができます。

関連記事→キッシュロレーヌの本格レシピが知りたい!簡単に作れる?

 

ラ・メール・プラール直伝のふわっふわオムレツの作り方

作るポイントは二つあって、たまごをきめ細かく泡立てることと、加熱方法です。

材料は二人分でたまごが4個、有塩バター20gです。

1.たまごを大きめのボウルに割ります。

.泡立てます。

ご家庭で作る場合は電動の泡立器で泡立てます。

初めは大きな泡が立ってきますが、これが小さくなってきて、白っぽくなったり、もったりした状態になるまでしっかり泡立てます。

3.フライパンにバターの半量を入れて、とかします。

溶けたところで、卵液の半量を流しいれます。

ここで、ふわふわポイント1たまごには触れず、中火で1分加熱です。

4.たまごの縁が固まってきてふっくらしてきます。

そして、表面に気泡がふつふつとたってきたら火からフライパンをはずします。

そして、ふわふわポイント2火からおろしたらアルミホイルをかぶせて余熱で1分です。

余熱程度でやわらかく火を入れた方が、ふんわり仕上がるのだそうです。

5.お皿に盛りつけてできあがり。こちらが一人分です。

1分後ふんわりしっとりした状態になるので、お皿に移して、移しながら半分に折ります。

味付けは有塩バターのみで、ケチャップを少しつけてもおいしいようです。

今回の作り方を見ても分かる通り、材料もシンプルで、作りやすいと思います。

モンサンミッシェルのオムレツをご家庭でお手軽に作ってみてはどうでしょうか。

トリップアドバイザーは日本語で観光名所の口コミが見れるので便利ですよ。

私もよく参考にします!

フランスのホテルの口コミはこちらがおすすめですよ。

関連記事→パンペルデュ(フレンチトースト)レシピ公開!

 

お勧め関連動画


フランス語に不安がある方は日本語でフランスの鉄道チケットが買えるサイトもあります。
こちらはわかりやすいのでオススメです!

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事



カテゴリー

ページ上部へ戻る