パリ症候群ってどんなもの?海外の反応は?

パリ症候群

 

海外メディアにも紹介されて話題になっている「パリ症候群」、その症状や陥りやすい人物像とはとはどんなものでしょうか。

また、パリ症候群にかからない方法はあるのでしょうか。そんなパリ症候群についてまとめてみます。

スポンサードリンク

パリ症候群ってなに?

「パリ症候群」とは憧れを抱いてパリを訪れたものの理想とは全く違う姿にがっかりして適応できず、精神的なバランスを崩しうつ病に近い症状を訴える状態のことを言います。

1991年に精神科医の太田博昭が同名の著書を出版したことで認知されるようになりました。

その後2004年にフランスの精神医学誌『Nervure』にフランスの精神科医らと共著での論文が掲載され、のちにフランスの新聞やイギリスの「BBC」などの各国メディアでも紹介され広まりました。

関連記事→海外(フランス)移住の必需品はなに?雑貨・衣類・医療編

連記事→海外(フランス)移住の必需品はなに?食材・キッチン用品編

 

 

パリ症候群にかかりやすい人

発症者の多くは20~30代の日本人女性と言われています。

彼女たちは雑誌やテレビなどのメディアからパリといえば、パリコレに代表されるようなヴィトンに、シャネル、エルメスといったハイブランドがあります。

流行の最先端、たくさんの美術館に歴史ある美しい建造物、映画「アメリ」のようなおしゃれで可愛い生活というロマンティックでエレガントな理想の都市をイメージしています。

そして実際に観光や留学でパリを訪れると煌びやかな建物の裏に隠れたゴミや落書きなどの汚い街の姿や人の冷たさ、どんよりした天気などのネガティブ要素を目の当たりにし、抱いていた憧れの都像がガラガラと崩れその理想と現実とのギャップに適応できなくなります。

そのうちパリに適応できない自分が常に道ゆく人から後ろ指をさされ、悪口を言われていると思い込むくらい孤独でダメな人間に思えてうつ状態になってしまいます。

フランスはとにかく冬が寒くて、冬期うつになる人も多いんです。

そんな冬期うつについて気になる方はこちらもどうぞ。

関連記事→冬季うつかチェックしてみよう!症状と対策ってどんなもの?

 

考えられる原因は?

観光地や若い人の中には流暢に英語を話す人が増えてきましたが、まだまだフランス語しか話せない人もたくさんいます。

逆に日本人は英語が苦手な人も多く、ましてフランス語が話せる人はあまりおらずお互いのコミュニケーションがうまく取れないというのが大きな原因の1つと言えるでしょう。

若い日本人女性の間には欧米の男性は優しくてスマートでまるで王子様かのように思い込んでいる人も多くいます。

ところが優しくしてもらえるはずがカフェでウェイターに呼びかけても無視されたり、フランス語が話せない事で会話にならず呆れられたりと予想しなかった対応をされショックを受けることが多いようです。

個人の主張がはっきりしている議論好きのフランスの男性は自己主張が少ない、もしくは語学力不足で言いたいことがうまく言えない日本人女性は自立した女性とみられず魅力を感じないという人も多く、女性だからといってちやほやしてくれると思わない方がよさそうです。

スポンサードリンク

関連記事→フランスでガストロに!一体どんな病気?

 

対処法は?

まずは旅行者でも挨拶程度のフランス語は覚えてコミュニケーションをとるようにしましょう。

例えば日本に来た海外の観光客の人に英語ではなく「こんにちは」「すみません」と日本語で声をかけられたら好感を持ちますよね。

同じようにまずは挨拶だけでもフランス語で交わすことでお互いの緊張が溶けていきます。

そして住んでいると分からないものですが世界から見ると日本はあらゆる面で水準が高く過ごしやすい国だというのを認識することが大切です。

交通機関は時間に正確で、親切で丁寧な接客、清潔な施設など日本で当たり前に受けているものも文化の違う海外では当たり前ではありません。

ウェイターのサービスが悪くても、ストで交通機関が止まっても、役所の対応が遅くてもそれがその場所のやり方です。

日本と同じサービスや人間関係を求めるのはやめてパリのやり方を受け入れましょう。

パリにがっかりするのもパリを愛するがゆえ、全てのものには必ず良い面と悪い面、光と陰があります。

過度な期待をせず気楽にパリの街に身を委ねみれば自ずとパリの良い面が見えてくるでしょう。

それでもどうしても無理ならスパッと諦めて帰国するのが得策です。

パリに合わせようと無理をして心と体を壊しては元も子もありません。

海外が合う人もいるし合わない人もいます。気にやむ事はありません。

関連記事→花粉症ってフランスにもある?どう対策する?

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る