フランスに関するありとあらゆる情報を載せています☆

シャンボール城のアクセス方法は?内部の作りはどうなっている?

よっしー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
初めまして。当サイト管理人のよっしーです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡ よろしくお願いいたします!
詳しいプロフィールはこちら

フランスのロワール川沿いには沢山のお城があります。その中でも一番有名なのはシャンボール城でしょうか。

そんなシャンボール城について書いてみますね。

スポンサードリンク

関連記事→フランス旅行の予算はどれくらい?

 

シャンボール城の歴史と特徴

perspective-2829352_640

フランスに有るシャンボール城は、王フランソワ1世が狩猟のために建てました。そのため、城内には、あちらこちらで狩猟を感じさせる展示物があります。

なんと、作るのに100年以上の年月を要し、1519年に開始した建設が終了したのは1685年でした。

architecture-2829336_640

 

元々、フランソワ1世は、小さな狩猟館だったのを豪華な城にしたのです。それまでのお城と異なり、美を表現する豪華なお城を立てることがステイタスだった時代だったので、流行のルネッサンス様式をふんだんに取り入れたお城が作られました。

そのかいもあり、フランスのルネッサン様式の建物の中で、シャンボール城が最高と言われています。

office-887693_640

城の大きさも巨大で、部屋の数が440というのも驚きですが、庭園の広さも東京の山手線の内側が入ってしまうくらいの約55キロ平方メートルもあります。

chambord-1540557_640

城の設計には、レオナルド・ダヴィンチが関わったのではないかという説があるが、実は定かではないそうです。ただ、白の中には300以上の窓や大きさが異なる80以上の階段があるなど、構造が複雑に作られているので、やはりかなりの実力者が作っているのは間違いないでしょう。

惜しくも、お城が完成したのはフランソワ1世の死後だったそうです。しかし、このお城は多くの人に語り継がれ、たくさんの観光客が訪れる場所となりました。

シャンボール城は1981年から2000年には世界遺産に登録されていて、2012年には世界の名城25選にも選ばれているんです。

そんなシャンボール城は通年なんらかのイベントを行っているので、いつでも観光を楽しむ事が出来ます。

けれど12月中旬には雪が積もるほど降る事も有るので、防寒をして行くと良いでしょう。

それで近くの川に映る逆さの城の美しさは素晴らしいですし、屋上から見下ろす屋根も迫力が有って綺麗です。

また城内に入れば、彫刻や天井の紋章も眺められます。

ルイ14世が過ごしていた部屋や、知事の部屋だって見られるんですよ。

スポンサードリンク


関連記事→フランスのユネスコ世界遺産が知りたい!

 

シャンボール城の開館時期と入場料

開館時間は10月1日から3月31日までは10時から17時で、4月1日から9月30日までは9時から18時になっているので間違えないで下さいね。

また1月1日と2月4日と12月25日は、お休みなので観光出来ません。

それと料金は、一般は11€ですが若者の団体なら割引額の9€で入る事も可能です。

 

シャンボール城周辺のお勧めレストラン

観光してお腹が空いても、近くにレストランが数件有るから大丈夫です。すぐにお腹を、満たせますよ。

例えばシャンボールの17通り沿いに有る「Restaurant La Maison à Coté」は、12時15分から14時までと19時15分から21時30分までの2回に分けて営業しています。

そのため、お昼ご飯も夜ご飯も食べられます。

関連記事→フランス旅行のお土産はどんなものがいい?

 

シャンボール城へのパリからのアクセス方法

車での行き方

フランス旅行に行ったら、大都市のパリには夜人が多いと思うんです。

というよりパリに、宿泊する人が多数居るのでは無いでしょうか。

そのパリからシャンボール城へは、車で約2時間で行けます。

距離に換算すると、170kmですね。

高速道路AIO「Bordeaux」方面のNo.16「Mer」出口を出て、道路D112「chambord」へ進みます。

そこからさらに「ReserveNationaledechassedechambord」という門を抜け、そのまま真っ直ぐ進めば城の駐車場に辿り着きます。

シャンボール城の周辺は自然が多くて電車が通っていないので、車で行くのが原則的なアクセス方法になります。

なのでパリの空港や宿泊するホテルの近くのレンタル店で、観光用に車を借りておきましょう。

rentacar

フランス国内をレンタカーで移動したい場合、Rentalcars.comが色んな会社のレンタカーが比較出来て便利です。

brand

公式サイトはこちら(https://www.rentalcars.com)なので、気になる人は業界最安値を検索してみてください!

関連記事⇒パリからトゥールの行き方が知りたい!観光名所は?

 

電車での行き方

免許を持っていないとか外国で運転するのは怖いという人は、パリから最寄り駅のブロワまで電車で行ってそこからバス又はタクシーに乗りましょう。

バスは4月から8月までの限定走行なので、それ以外の季節に行くのならタクシーを利用するのが良いです。

フランス語で購入するのが不安だというアナタのために、こちらのサイトだと、日本語でチケットを購入することが出来ます。わかりやすいのでご覧になってください。



フランスのサイトで買いたい方は、こちらを参考にしてみてください。

関連記事→フランスで鉄道に乗りたい!TGV(SNCF)の予約方法

 

ツアーでの行き方

自分で車で行ったり、電車などで行って乗り継ぎが不安な方におすすめなのが、パリ発の日帰りツアーです。

指定された集合場所に行くと、バスで連れて行ってくれます。

ロワール川沿いには、シャンボール城だけでなく、たくさんの訪れてほしいお城があります。ただ、一つずつ自分でアクセスするのは大変です。

ツアーの中にはいくつかのお城を回ってくれるものもあります。私はそちらをお勧めしたいです。

ただ連れて行ってくれるだけのものと、中で案内をしてくれるものもあるので、あなたの希望する方を選んでみてください。

こちらのサイトだと、色んな会社が用意している、パリ発のツアー一覧を見ることが出来ます。色々と見比べることが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。

VELTRA

関連記事⇒シュノンソー城の歴史が知りたい!行き方は?

 

費用を抑え満足のいくホテルに泊まるコツ

フランスはホテルによって質が全然違います。安ければいいというわけでもなく、あまりに安いホテルだと、周りの環境があまり良くないということもあり得ます。

値段も抑え、質の良いホテルに泊まるには、早めに良いところを予約することが大切です!私も良く利用していて、海外旅行に慣れている人に人気なのがBooking.comですが、やはり人気の部屋からどんどん埋まっていきます。

日本だとホテルの部屋は一人ずつで値段設定がされていますが、フランスの部屋だと一部屋ごとの値段設定になっています。

Booking.comは部屋の代金もユーロや円など自分の希望で設定を変更することが出来るので、とても分かりやすいです。値段を抑えたい方はお早めに予約してくださいね!

 

まとめ

シャンボール城は歴史を感じられる有名なお城ですから、フランスを訪れたのなら是非とも見学して帰って下さいね。

ルイ14世が暮らした場所を見られるというのは、そうそう無い経験でしょう。だからきっと、良い思い出になりますよ。

人気の観光地についての口コミはトリップアドバイザーに載っています。こちらからツアーの予約をすることも可能ですよ。

関連記事→フランス旅行の服装はどんなものがいい?

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク


フランス旅行にはWIFIが必須

フランスで個人旅行に行く場合に、いつでもイレギュラーなことに対応できるように、ポケットWIFIを持っておくことをおすすめします。

フランスではフランス語でgrève(グレーヴ)と呼ばれるストライキが、ありとあらゆる場所で起こります。そのため、予想していた電車に乗れなかったとかいうことが本当に普通にあります。

そう言うときにすぐに対応できるようにするためには、インターネットがとても便利です。

フランス国内でもパリなど主要な都市の主なレストランやカフェだとフリーWIFIが使えるところも多いです。ただ、なぜかスマートフォンやタブレットがエラーになって繋がらないことも度々あります。そういった場合は、店員さんに質問しても、理由がわからず、結局つながらなかったということもよくあるんです。

一方、あまりフランス語がわからないため、店員さんに相談するのも難しいという方も少なくないかと思います。

そういう時に、日本からポケットWIFIがあると、どこでも場所を選ばずに日本語でネットが使えて便利ですね。

私も日本から友達や家族が遊びに来るときは、皆ポケットWIFIを契約して持ってきています。

皆が使って好評だったのが、グローバルWiFiです。

フランス国内のどこでもきちんとつながり、今まで一度も不満に思ったことがありません。

値段も日数で計算できるところが良いですね。

フランスに旅行に来られる場合は、保険の意味でもポケットWIFIをぜひ考えてみてくださいね!
 

合わせて読みたい記事

この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
初めまして。当サイト管理人のよっしーです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡ よろしくお願いいたします!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フランス散歩 , 2017 All Rights Reserved.