シュノンソー城の歴史が知りたい!パリからの行き方は?

シュノンソー城

シュノンソー城は有名なベルサイユ宮殿に次いで人気のフランスの観光スポットです。

また、シュノンソー城のあるロワール渓谷はユネスコ世界遺産にも登録されている美しい場所です。

今回はそんなシュノンソー城の歴史や見どころなどについて御紹介したいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→フランス旅行の予算はどれくらい?

 

シュノンソー城とは

シュノンソー城はフランスのアンドル=エ=ロワール県、ロワール渓谷内のシェーンソーにあるお城です。

歴史上、代々女性が城主を務めたということで、別名、「6人の奥方の城」と呼ばれています。

城はロワール川の支流とシェール川をまたぐように建築されており、建築様式は後期ゴシック様式と初期ルネッサンス様式、イタリア装飾などが融合したものであり、上記した代々の女性達が手を加えたアーチ型の橋の上に建つ城、花や野菜、果樹などが植えられた庭園などが、周囲の景観と共にとても美しいお城です。

関連記事→フランスのユネスコ世界遺産が知りたい!

 

シュノンソー城の歴史

シュノンソー城が改築され、現在に至るまでの歴史は1411年、最初の持ち主のジャンマルクという人が、扇動罪という罪に問われ、国王軍から火をつけられることから始まります。

彼はその後、城を再建しますが、彼の後の城の相続者であるピエールマルクという人は1531年に城をシャルル8世の侍従トマボイエに売却してしまいます。

ボイエは城を一度全て壊しもう一度立て直します。

その後、フランソワ一世に引き継がれ、その後、アンリ2世と愛妾のディアーヌ・ドポワチエの手に渡ります。

この女性は永遠の美女と言われるほど美しい人であったとされています。

彼女はシュノンソー城の景観と美しさをこよなく愛し、アーチ型の橋の上に建つ城、花や野菜、果樹を植えた庭園などを造ります。

1555年に夫が亡くなるとこの城はディアーヌの手に渡りましたが、夫の正妃であったカトリーヌ・ド・メディシスはこの愛妾を追い出してしまいます。

彼女も城のテラスを補強したり、ギャラリーを建てる、庭園をさらに自分風にするなど改築を加えました。

その後、城はカトリーヌの義理の娘ルイーズ・ドロレーヌ=ヴォーデモンに相続され、その後はアンリ4世の愛妾ガブリエル・デストレ、フランス革命から城を守った、マダムデュパンなどに引き継がれ、1863年には城を修復したマダムブルーズとその女性城主の手に渡りました。

このようにシュノンソー城は代々、城と縁のあった女性達によって改築されてきたお城なのです。

スポンサードリンク

関連記事→ラ・ロシェルを旅行したい!観光名所はどこ?

 

シュノンソー城の見どころ

シュノンソー城はその美しい景観や建築様式だけでなく、城内にも様々な見どころがあります。

城内には有名画家のコレクションやフランドル地方のタペストリー、蝋人形館などがあります。

他にも王の正妃や愛妾が手掛けた庭園を見学したり、ボートで遊覧することもできるそうです。

また、7月~8月末にかけては庭園の夜間見学も行っており、普段とは違った幻想的なシュノンソー城を見ることができるのでこの季節に行くのもおすすめです。

関連記事→フランス旅行のお土産はどんなものがいい?

 

シュノンソー城の気候、周囲の食事処

シュノンソー城のある地方の気候は温暖であり、夏は33度近く気温が上がることもあります。

一方、冬はそれほど気温が低くならず今までマイナス10℃以下になったのは1985年から1986年にかけての冬と1996年~1997年の冬ぐらいしかありません。

降雪も年に10日以下と少ないです。

降雨量は500m~700mです。

シュノンソー城内にもフランス料理のレストランがありますが、城から徒歩5分ほどの所にもホテルやレストランがある村があります。

関連記事→フランス旅行の必需品は何?

 

パリからシュノンソー城までの行き方

シュノンソー城まではパリから電車、バス、タクシーなどの交通機関を使用して行きます。

パリからロワールまでは乗継ぎをして早く着ければ、2~3時間です。

フランス語で購入するのが不安だというアナタのために、こちらのサイトだと、日本語でチケットを購入することが出来ます。わかりやすいのでご覧になってください。



フランスのサイトで買いたい方は、こちらを参考にしてみてください。

関連記事→フランスで鉄道に乗りたい!TGV(SNCF)の予約方法 rentacar

フランス国内をレンタカーで移動したい場合、Rentalcars.comが色んな会社のレンタカーが比較出来て便利です。

brand

公式サイトはこちら(https://www.rentalcars.com)なので、気になる人は業界最安値を検索してみてください!

 

時期によってはバスがなかったり、タクシーが見つからないということもあり得るのがフランスです。

そのため、おすすめはパリ発の日帰りの古城巡りツアーでバスで行くことです。

ロワール川沿いには、シュノンソー城だけでなく、たくさんの訪れてほしいお城があります。ただ、一つずつ自分でアクセスするのは大変です。

ツアーの中にはいくつかのお城を回ってくれるものもあります。私はそちらをお勧めしたいです。

ただ連れて行ってくれるだけのものと、中で案内をしてくれるものもあるので、あなたの希望する方を選んでみてください。

こちらのサイトだと、色んな会社が用意している、パリ発のツアー一覧を見ることが出来ます。色々と見比べることが出来るので、ぜひ参考にしてみてください。

VELTRA

 

まとめ

いかがでしたか?フランスと言えばベルサイユ宮殿が有名ですが、シュノンソー城もとても美しく優雅なお城ですよ。

ぜひフランスの旅行に行った際は見学に行ってみてはいかがでしょうか。

人気の観光地についての口コミはトリップアドバイザーに載っています。こちらからツアーの予約をすることも可能ですよ。

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク


フランス旅行にはWIFIが必須

フランスで個人旅行に行く場合に、いつでもイレギュラーなことに対応できるように、ポケットWIFIを持っておくことをおすすめします。

フランスではフランス語でgrève(グレーヴ)と呼ばれるストライキが、ありとあらゆる場所で起こります。そのため、予想していた電車に乗れなかったとかいうことが本当に普通にあります。

そう言うときにすぐに対応できるようにするためには、インターネットがとても便利です。

フランス国内でもパリなど主要な都市の主なレストランやカフェだとフリーWIFIが使えるところも多いです。ただ、なぜかスマートフォンやタブレットがエラーになって繋がらないことも度々あります。そういった場合は、店員さんに質問しても、理由がわからず、結局つながらなかったということもよくあるんです。

一方、あまりフランス語がわからないため、店員さんに相談するのも難しいという方も少なくないかと思います。

そういう時に、日本からポケットWIFIがあると、どこでも場所を選ばずに日本語でネットが使えて便利ですね。

私も日本から友達や家族が遊びに来るときは、皆ポケットWIFIを契約して持ってきています。

皆が使って好評だったのが、グローバルWiFiです。

フランス国内のどこでもきちんとつながり、今まで一度も不満に思ったことがありません。

値段も日数で計算できるところが良いですね。

フランスに旅行に来られる場合は、保険の意味でもポケットWIFIをぜひ考えてみてくださいね!

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る