フランスパン(バゲット)のレシピが知りたい!

フランスパン(バゲット)

 

フランス人は、日本人が毎日ご飯を食べるように、パンを食べています。

さて、そんなフランスパン(バゲット)、一体どのような食べ方があるのでしょうか?

簡単なレシピについてまとめてみました。

スポンサードリンク

パリジャンサンド

フランスパン(バゲット)と聞いて最初に思い浮かぶのは、フランスの首都、パリでパリっ子たちがおしゃれに食べるというパリジャンサンドです。

パリジャンサンドはとっても簡単にできます。

表面カリカリ、中はふわふわモチモチのフランスパンを縦半分にして、バターを塗り、チーズ、ハム、レタスを挟んで簡単にできるものです。

レタスのパリパリ感が加わるととっても美味しく、日本のパン屋さんなどでもたまに見かけるバゲットサンドです。

フランスではレタスも入っておらず、ただのバターとチーズ、ハムのみというものが、大体どこのパン屋でも売っています。

初めて食べたとき、すごくシンプルだなぁと思ったのですが、バターとパンとハムが美味しいので、それだけで感動した記憶があります。

それ以来、自分の家でも作るようになりました。

関連記事→固くなったフランスパンのレシピはどんなものがある?

 

スパニッシュバゲット

お隣の国スペインでも、フランスパン(スペインではそう呼ばれず別の名前がありますが)は人々の生活の主食でよく食べられているものですので、スペインのバゲットサンドのレシピを紹介したいと思います。

スペインでもバゲットが各種あり、中でもスペインらしい生ハムやサラミをびっしり挟んだスパニッシュバゲットが人気です。

スペイン風バゲットの美味しい作り方の秘密は、パン生地にトマトとオリーブオイルを塗り込むこと。

フランスパンは縦斬りにし、トマトは半分に切ります。

トマトは柔らかいものなら半分にした切り口をそのままパンに押し当てて塗り込んでもいいし、あるいはあらかじめ大根おろしのようにすりおろして、それをパンに塗っても美味しいです。

オリープオイルを少し垂らし、塩で味を整えて、その上に生ハムやサラミを乗せれば完成です。

美味しいスパニッシュバゲットです。

スポンサードリンク

関連記事→エシレバターとは?食べ方やレシピも紹介!エシレバターケーキもお勧め!

 

そのほかスペイン風バゲットには、トルティーヤ(スペイン風オムレツ)をパンに挟んだものや、カラマレスと呼ばれるスパニッシュ・タパスで有名なお料理、イカのリングフライをそのままフランスパンに挟んであるものも見たことがあり、かなりボリュームがありそうでした。

私が個人的に好きなバゲットの一つは、ロモと呼ばれるに豚肉のステーキを豪快に挟んだバゲットです。

薄めの豚肉をオリーブオイルとニンニクを効かせて焼き、チーズなどと一緒にパンに挟みます。

豚肉と一緒に焼いたパプリカやピーマンを挟むこともあります。

もう一つは脂身のない鶏肉をやはりニンニクを効かせたオリーブオイルで焼いて、チーズや野菜と一緒に挟んだもの。

豚肉のバゲットも、鶏肉のバゲットも、やはりスペイン風はトマトをすりこみます。

このトマトがあると、本当にびっくりするほどバゲットが美味しくなります。

関連記事→フランスのクレープの日って何?美味しいレシピも知りたい!

 

その他のフランスパンのレシピ

バゲットサンドの他には、牛乳と溶いた卵、お砂糖を混ぜたものにフランスパンを浸して、フライパンで焼き、粉砂糖やメープルシロップ、はちみつ、ホイップクリームなどを添えれば出来上がる、フランスパンで作るフレンチトーストもなかなか美味しいです。

フランスパンが硬くなってしまったときにはオススメのレシピです。

あとは、グラタンを作るときにマカロニやポテトの代わりに、小さく切ったフランスパンをトレイに並べ、上にホワイトソースとチーズをかけてオーブンで焼けばフランスパングラタンが出来上がります。

フランスパンとホワイトソース、チーズの相性が抜群に良いのでとっても美味しいグラタンです。

ぜひお試しください。

関連記事→ガレットデロワのレシピが知りたい!フェーブはどんなものを入れる?

 

お勧め関連動画


スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る