根セロリのレシピのおすすめ!チーズカレードリアとポテトサラダ

根セロリ サラダ

 

フランスのスーパーによく売っている根セロリ。

大体丸ごとで買わないといけないので、量がとても多いです。

根セロリは見た目がジャガイモのようなカブのような感じで変わっているので、どう調理したら良いのか迷ってしまうでしょう。

そこで今回は、根セロリのお勧めのレシピについて紹介します。

スポンサードリンク

関連記事→モンサンミッシェルのオムレツって美味しい?作り方が知りたい!

 

チーズカレードリアのレシピ

まず最初に提供したいのが、根セロリを使った「チーズカレードリア」です。

根セロリも野菜の1種なので、カレーとの相性は良いでしょう。

またチーズを加える事で、まろやかな風味に出来ます。

材料はブロッコリーカレースライスチーズマーガリン根セロリを、用意して下さい。

カレーは作るのが面倒なら、レトルトを購入しましょう。

そうしたらブロッコリーを1本ずつにバラし、根セロリは白い部分が見えるまで皮を剥いて細かくカットします。

食感を残したい場合は、角切りや短冊切り等の大きめの切り方でもOKです。

皮はかなり硬いので、包丁で削ぐように剥いて行きましょう。

また根セロリは変色が早いので、カットしたら次の工程に移るまでレモンの汁に漬けておくようにして下さい。

そしてレトルトカレーの中に、ブロッコリーと根セロリを入れて混ぜます。

カレーを1から作る場合は、他の具材と一緒に煮込んで下さい。

しかし根セロリは煮込みすぎるとほぼ溶けてしまうので、形を残したいのなら一番最後に投入するのです。

カレーの準備が出来たらグラタン皿を用意してバターを混ぜた白米を盛り、上から先ほど準備したカレーをかけます。

グラタン皿が無い時は、深めの耐熱皿でも構いません。

カレーは下のご飯が見えなくなるくらい、たっぷりとかけて大丈夫です。

そしてその上にスライスチーズを数枚カレーを隠すように乗せて、180度~200度のオーブンで10分~20分焼いたら出来上がりです。

後はお好みで粉チーズやパセリを、ふりかけましょう。

加熱時間は、ご自宅のオーブンに合わせて調節して下さい。

またカレーの代わりに、トマトの缶詰を使ってイタリアンにしても美味しいでしょう。

「トマトチーズドリア」にするのなら下のライスはケチャップと鶏肉を混ぜてフライパンで炒め、チキンライスにしても美味しいですよ。

スポンサードリンク

関連記事→フランスのクレープの日って何?美味しいレシピも知りたい!

 

根セロリとジャガイモを使った「ポテトサラダ」のレシピ

プラス副菜として、根セロリとジャガイモの「ポテトサラダ」を作るのもオススメです。

ポテトサラダはジャガイモを茹でてマッシュし、みじん切りにした根セロリを加えてマヨネーズで和えれば完成です。

根セロリとジャガイモの甘さが広がるので、味の濃いチーズカレードリアの口直しにもなるはずです。

またトッピングにスライスしたゆで卵やカットしたトマトを乗せるのも、見栄えが鮮やかになるので良いと思います。

根セロリは普通のセロリより優しい香りと味のため生でも美味しく食べられますが、茹でて使うともっと優しい香りと味になります。

なのでセロリ独特の香りと味が得意じゃないのなら、ジャガイモと同じように茹でて使いましょう。

茹でたらジャガイモのように、マッシュしてしまうのも有りですね。

最後に根セロリの選び方ですが、大き過ぎる物は筋っぽいので小ぶりの物を選ぶをオススメします。

硬くて重さの有る物が、最も新鮮で美味しいですよ。

関連記事→菊芋とは?効果や効能が知りたい!お茶もお勧め?

 

お勧め関連動画


スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る