海外旅行の保険はクレジットカードがお得!おすすめなものを比較して紹介!

3515979 - taxi near the arc de triomphe in paris

海外旅行に行くとなると、考えないといけないのが保険です。いつ何がおこるかわからないから保険は入っておいた方がいいでしょう。海外旅行保険というと、保険会社のものだと考えませんでしたか?実はそうでもないんです。クレジットカードに付帯している保険もあるんですよ。

どういうものなのか、おすすめのカードとともに紹介しますね!

スポンサードリンク


関連記事→フランスではクレジットカードが必須!使える・使えないブランドを紹介!

クレジットカード付帯の海外旅行保険とは何?

クレジットカードには、既に海外旅行用の保険がついているものがありますクレジットカードの保険は、そのカードを使って海外旅行に関する、例えば飛行機のチケットやツアーの金額を支払った場合にこの保険が使える「利用付帯」と、カードを持っているだけで保険が使える「自動付帯」があります。また、保険の期限は3か月のものが多いので、注意してくださいね。ではおすすめのカードを紹介します。

 

楽天カード

楽天カードは、出国前に航空券や旅費などをこのカードを使って支払った場合に保険が適用される「利用付帯」です。航空券以外にも空港までバスやタクシーなどを利用した場合の公共交通費などでもOKです。入院や治療費、携行品の破損などに補償されます。最長期限は90日間です。

  年会費 死亡・後遺障害 障害治療 疾病治療 賠償責任 携行品損害 救援者
楽天カード 無料 2,000万円 200万円 200万円 2,000万円 20万円 200万円

JALカード

JALカードは、所有するだけで海外用の保険が使える「自動付帯」となります。出発前の手続きや届けは一切不要で、病気やケガの際の入院や治療だけでなく、携行品が破損したり盗まれた場合にも補償されます。1回の旅行につき、最長90日間なので注意してください。

  年会費 死亡・後遺障害 障害治療 疾病治療 賠償責任 携行品損害 救援者
JALカード 初年度無料 500万円 200万円 200万円 2,000万円 20万円 100万円

エポスカードは年会費が無料です。年会費が無料で自動付帯なんて、素晴らしいですよね!

関連記事→赤ちゃんと飛行機、耳抜きはどうすればいい?泣く場合の対処法は?

 

VISAクラシックカードA

VISAクラシックカードAは自動付帯と利用付帯の両方があります。自動付帯の分については、旅行をスタートしてから3か月の間が補償されます。

そして、利用条件分については、旅行前に航空券のチケットなどを購入するなど利用の条件を満たした場合は旅行開始してから3か月間が補償対象期間となります。そして、旅行開始後に初めて旅行に関するものを購入する場合は、そこから利用条件を満たしたと考えられ、そこから3か月間が補償対象の期間となります。

  年会費 死亡・後遺障害

自動付帯分

死亡・後遺障害

利用付帯分

障害治療 疾病治療 賠償責任 携行品損害 救援者
VISAクラシックカードA 1,500円 1700万円 300万円 100万円 100万円 2,500万円 20万円 150万円




普通の旅行の場合は、入国の際に保険について聞かれることは殆どありませんが、もし不安だったらクレジットカードの会社にお願いして、付保証明書を作ってもらいましょう。これらのクレジットカード会社はすべて付保証明書を発行することが可能です。

滞在期間が半年以内の場合は、エポスカードのような自動付帯のクレジットカードを1枚持ってまず半年、それからVISAクラシックカードAで3か月後に滞在国でこのカードを使用して決済すると、そこから3か月は保険が有効になります。保険会社の海外旅行保険に入るより値段が安いので、ぜひ検討してみてください。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと飛行機で海外へ!お勧めの席や持ち物を紹介!
関連記事→赤ちゃんと飛行機、耳抜きはどうすればいい?泣く場合の対処法は?
関連記事→海外旅行、保険のおすすめは何?本当に必要なのが検証!

お勧め関連動画


関連記事→楽天やゆうちょで海外送金がお得?銀行以外の方法と手数料や日数を比較!

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る