赤ちゃんと飛行機で海外へ!お勧めの席や持ち物を紹介!

e942ab22236d648a4c1b0648dcd5c32e_s

赤ちゃんを連れて海外旅行や海外赴任に行く、あるいは海外在住で日本へ里帰りする時、赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るのって不安ですよね。私も最初はドキドキしました。私は子供たちが赤ちゃんの頃から、何度も日本とフランスを往復しています。乗るときの心構え、選んだらいい席やもっていった方がいい持ち物についてまとめてみますね!

スポンサードリンク


関連記事→海外旅行の保険はクレジットカードがお得!おすすめなものを紹介!

 

2歳までの赤ちゃんならバシネットを予約しよう!

国際線の飛行機の場合、2歳までの赤ちゃんなら、大体大人の10%の値段で乗ることが出来ます。航空会社によるのですが、往復のチケットを購入する場合に、片道が2歳前だと赤ちゃんの料金で乗れるものや、行きが2歳前でも帰りが2歳を過ぎてしまうと子供料金になるものからいろいろとあります。日系のJALはANAは片道が2歳前だと赤ちゃん料金で乗れますが、外資系だとそうではない場合があるので、チケットを購入する際に確認してみましょう。

2歳未満の赤ちゃんだとバシネットという赤ちゃん用のベッドを使うことが出来ます。ただ、バシネットは設置できる場所が限られているので、飛行機に乗る前に予約をする必要があります。飛行機の中に赤ちゃん連れがあまりいない場合は、飛行機に乗った後も優しい客室乗務員に当たった場合は、席の交換の交渉をしてくれる場合もあります。

赤ちゃんが多かった場合は、そういうこともできないので、前もって予約をしておくのが安心でしょう。バシネットの席はエコノミー席の場合は一番前や壁のすぐ後ろになります。

ちなみに、バシネットの席はインターネットで予約することはできません。チケットの購入をインターネットでして、席を予約しようとしても、バシネットの席はインターネット上では選べなくなっています。その場合は、チケットを購入した後に航空会社に電話するか、あるいは旅行会社を通してチケットを購入しましょう。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと飛行機で海外へ!お勧めの席や持ち物を紹介!

 

赤ちゃん連れの席はどこがおすすめ?

もしバシネットの席が取れなかった場合は、窓際の席をおすすめします。真ん中の席だと、どうしても隣に誰かが座る可能性があるので、赤ちゃんが一緒だと気を使ってしまいますね。窓際の予約が取れないにしても、通路側は最低限選ぶようにしましょう。

ちなみに、バシネットは航空会社によって多少の差はありますが、2歳未満で10キロ以下までの赤ちゃんが使えます。航空会社によっては身長制限があるところもあります。

うちの下の子は小さめだったので、2歳近くても10キロ前後でバシネットを使えたのですが、背が大きかったので足がちょっと出ていたんですね。

夜の便だったので寝ていたのですが、彼女は寝ているときに寝がえりをうったんです。私もウトウトとしていたのですが、ふと目を覚ますと、バシネットの後ろ側が外れて、下に落ちかけていました。慌てて下から抑えて、すぐに客室乗務員を呼びました。バシネットを使える大きさだとしても、そういうこともありますので、常に気にかけるようにしましょう。

関連記事→海外送金トランスファー ワイズ ジャパンの評判や口コミは?受け取りや口座開設や難しい?

飛行機の中にもっていった方がいいもの

飛行機の中に持ち込む、おすすめな持ち物は、ミルクを飲んでいる場合だとお湯です。航空会社によっては、欲しい時にすぐにミルク用のお湯をくれますが、少し時間がかかる場合もあります。

そして、ミルクだけの時はいいのですが、離乳食が始まり、何かが食べれるようになる時期だったら、食べ物は持って行っておいた方がよいです。飛行機で赤ちゃん用のミールも予約できるのですが、客室乗務員の皆さん忙しくされているので、こちらの都合ではご飯は出てきません。そのため、子供が好きな時に食べられるように食べ物は用意しておきましょう。

また、うちの子たちがそうだったのですが、飛行機のご飯はあまり好みではなかったみたいで、全然食べられなかったんですよね。1歳過ぎの子だと、手でつかんでも食べられるようになるので、おにぎりを大量に持って飛行機に乗ったのですが、これがとても便利でした。どこでも食べられるし食べるのも簡単で手も汚れにくいですしね。

飛行機に乗るのを待っている時間も結構長いんですよね。飛行機に乗って愚図らないようにお腹いっぱいにしておくのもいいし、もし歩ける年齢だったら、飛行機に乗る前にいっぱい動かさ、疲れさせるのがおすすめです。

スポンサードリンク

それと、赤ちゃんの服は、汚れてもいいようにと着替えを持っていくと思うんです。しかし私は、自分の服が汚れてしまいました。飛行機の席はとにかく狭くて、バシネットを使う赤ちゃんでも、起きている場合は膝の上に乗せている時間が長いです。そこで一緒にご飯を食べないといけないのですが、興味がある年齢だと、とにかく触ってしまうんですよね。それで私は、コーヒーをこぼされてしまいました(幸い熱くはなかったのですが・・)。

着ていた服が茶色だったので目立たなかったのと、夏だったので寒くなかったのがまだよかったのですが、まさか大人の服の着替えまでは考えないですよね。

ちなみに、赤ちゃんを連れて飛行機に乗るのに、一番楽な年齢は、寝返りも打てなかった半年未満の頃でした。ハイハイが始まる頃になると、じっとしていられない赤ちゃんだと、飛行機を徘徊し始めたりします。私はいつもマラソン状態でした。ただ、これも子供の性質によるみたいで、おとなしい子は席から全く動かない子もいるみたいですね。

特に国際線の飛行機は長時間だし、疲れもあってはかわいそうなので、私はお菓子やおもちゃをたくさん持ち込んで乗っています。普段はお菓子を好きなだけあげるということはしないのですが、こういうときだけ特別です。また、好きな動画とかあれば、スマホやタブレットに入れて持ち込むのもいいですね。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと飛行機、耳抜きはどうすればいい?泣く場合の対処法は?

 

お勧め関連動画

こちらは赤ちゃんが泣き止む動画です。うちの娘も気に入っているので、よかったら見てみてください!

関連記事→海外送金トランスファー ワイズ ジャパンの評判や口コミは?受け取りや口座開設や難しい?


フランス旅行にはWIFIが必須

フランスで個人旅行に行く場合に、いつでもイレギュラーなことに対応できるように、ポケットWIFIを持っておくことをおすすめします。

フランスではフランス語でgrève(グレーヴ)と呼ばれるストライキが、ありとあらゆる場所で起こります。そのため、予想していた電車に乗れなかったとかいうことが本当に普通にあります。

そう言うときにすぐに対応できるようにするためには、インターネットがとても便利です。

フランス国内でもパリなど主要な都市の主なレストランやカフェだとフリーWIFIが使えるところも多いです。ただ、なぜかスマートフォンやタブレットがエラーになって繋がらないことも度々あります。そういった場合は、店員さんに質問しても、理由がわからず、結局つながらなかったということもよくあるんです。

一方、あまりフランス語がわからないため、店員さんに相談するのも難しいという方も少なくないかと思います。

そういう時に、日本からポケットWIFIがあると、どこでも場所を選ばずに日本語でネットが使えて便利ですね。

私も日本から友達や家族が遊びに来るときは、皆ポケットWIFIを契約して持ってきています。

皆が使って好評だったのが、グローバルWiFiです。

フランス国内のどこでもきちんとつながり、今まで一度も不満に思ったことがありません。

値段も日数で計算できるところが良いですね。

フランスに旅行に来られる場合は、保険の意味でもポケットWIFIをぜひ考えてみてくださいね!

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る