フランスに関するありとあらゆる情報を載せています☆

赤ちゃんと飛行機、耳抜きはどうすればいい?泣く場合の対処法は?

よっしー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
初めまして。当サイト管理人のよっしーです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡ よろしくお願いいたします!
詳しいプロフィールはこちら

海外に行く場合や日本への里帰りなどで赤ちゃんを連れて飛行機に乗らないといけないことがあるかと思います。心配なのは耳抜きですよね。大人でも耳抜きに失敗すると耳が痛いのに、赤ちゃんは耳抜きできるのかな?赤ちゃんに失敗せずに耳抜きをさせる方法を紹介します。また、泣くときの対処法も書いてみますね。

スポンサードリンク


関連記事→海外旅行の保険はクレジットカードがお得!おすすめなものを紹介!

 

赤ちゃんに耳抜きをさせる方法

赤ちゃんに耳抜きをさせるには、耳管を解放させるのが効果的です。私が試したこともあるいくつかの方法を書いてみますね。

 

ミルクや母乳を飲ませる

ミルクや母乳を飲んでいるときは、耳管が解放されます。

 

食べ物や飲み物を与える

ミルクや母乳と同じように、食べ物や飲み物でも耳管が解放されます。ちなみに1歳過ぎの赤ちゃんだと、お菓子なども少しずつ食べられるようになるので、小さくしてあげましょう。もっと大きい子供だと、飴も効果的ですね。

飲み物の場合はストローをつけて飲むパックのタイプだと、勢いあまって強く押さえて、中身が出てしまい服が濡れてしまうこともあります。十分に気をつけましょう。

マグや哺乳瓶で飲み物を飲める赤ちゃんは、中身はミルクではなくても、水でもお茶でもなんでもいいので、着陸や離陸の時に咥えさせるようにしてください。

 

おしゃぶりをさせる

マグや哺乳瓶と同じで、おしゃぶりも効果があります。

 

寝かせる

私はよく、離着陸時に子供が寝ていることがありました。寝ていると何も感じずに離着陸が出来ます。しかしたまに、急な気圧の変化に耐えられず、泣き出してしまう子もいるようです。

そういうタイプの子は、離着陸の体制に入る前に、無理やりでも起こして、上記のような方法で、耳抜きをさせてあげてください。

 

耳栓はいつから使える

子供がある程度大きくなったら、耳栓を使うのも効果的です。使ってみてよかったのはこちらです。大体3歳くらいから使えます。

こちらは、大人向けのタイプもあるので、よかったら見てみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事→赤ちゃんと飛行機で海外へ!お勧めの席や持ち物を紹介!

 

耳抜きをするタイミング

耳が痛くなるのは、飛行機の着陸や離陸で気圧が急に変わることにより耳の中と外の気圧に差ができることが原因です。私は着陸時に、子供に授乳をして耳抜きをさせようと思ったことがあります。飛行機が動き出したので、授乳をし始めたら、実は飛行機って、動き始めてから実際に離陸するまでに時間が結構かかるんです。

そのため、子供が飲み終わっても飛行機はまだ離陸しておらず、焦ったことがありました。

飛行機は滑走路を動き始めて実際の離陸体制に入る前に、管制塔に確認するために一度停止するそうです。そのため、大体その止まった瞬間くらいから授乳を始めるとうまくいきます!

ちなみに着陸時は、到着時間の30分前くらいから高度を少しずつ下げるそうです。そのため、それくらいから授乳を始めるとうまくいきますよ。お試しください。

 

まとめ

赤ちゃんと飛行機に乗るのに慣れていないと、色々と想像して不安になってしまいますよね。ただ、耳抜きがうまくいくと、赤ちゃんが愚図る可能性も少し減ります。難しいことではないので、ぜひタイミングとやり方を間違えないようにしてみてくださいね!

関連記事→海外旅行、保険のおすすめは何?本当に必要なのが検証!

 

お勧め関連動画

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るコツの動画です!参考にしてみてくださいね!

関連記事→海外送金トランスファー ワイズ ジャパンの評判や口コミは?受け取りや口座開設や難しい?

フランス旅行にはWIFIが必須

フランスで個人旅行に行く場合に、いつでもイレギュラーなことに対応できるように、ポケットWIFIを持っておくことをおすすめします。

フランスではフランス語でgrève(グレーヴ)と呼ばれるストライキが、ありとあらゆる場所で起こります。そのため、予想していた電車に乗れなかったとかいうことが本当に普通にあります。

そう言うときにすぐに対応できるようにするためには、インターネットがとても便利です。

フランス国内でもパリなど主要な都市の主なレストランやカフェだとフリーWIFIが使えるところも多いです。ただ、なぜかスマートフォンやタブレットがエラーになって繋がらないことも度々あります。そういった場合は、店員さんに質問しても、理由がわからず、結局つながらなかったということもよくあるんです。

一方、あまりフランス語がわからないため、店員さんに相談するのも難しいという方も少なくないかと思います。

そういう時に、日本からポケットWIFIがあると、どこでも場所を選ばずに日本語でネットが使えて便利ですね。

私も日本から友達や家族が遊びに来るときは、皆ポケットWIFIを契約して持ってきています。

皆が使って好評だったのが、グローバルWiFiです。

フランス国内のどこでもきちんとつながり、今まで一度も不満に思ったことがありません。

値段も日数で計算できるところが良いですね。

フランスに旅行に来られる場合は、保険の意味でもポケットWIFIをぜひ考えてみてくださいね!

自分の資質を知りフランス人女性のように我儘なまま自分らしく生きる方法

 

合わせて読みたい記事

フランス女性から学ぶ
我儘なまま自分らしく生きる方法

この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
初めまして。当サイト管理人のよっしーです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡ よろしくお願いいたします!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フランス散歩 , 2017 All Rights Reserved.