フランスではクレジットカードが必須!使える・使えないブランドを紹介!

paiement-sans-contact-carte-bancaire-nfc-5675534

フランスはクレジットカード社会です。多くの人は、生活の上で殆ど現金を持ち歩かず、カードで生活しています。しかし、日本で使っているクレジットカードのブランドだと、フランスでは全く使えないものもあります。フランスで使えるカードやおすすめのものについて紹介しますね!

スポンサードリンク

関連記事→海外旅行の保険はクレジットカードがお得!おすすめなものを紹介!

 

フランスで使えるクレジットカード

フランスで一番使えるクレジットカードのブランドは、VISA、MASTERです。フランスのカードはカルトブルー(Carte blue)というのですが、カルトブルーを申し込むときも、大体この2つのブランドから選択するところが多いです。VISAとMASTERですと、パリなど主要都市ではなく、田舎の小さな町などでカードが使えるところでも大抵対応しています

次に使えるのがJCBです。JCBは日本のクレジットカード会社なので、海外ではあまり使えないという噂を聞いたことがないですか?しかし、パリには日本人の観光客が多いんですね。だから、プランタンやギャラリーラファイエットなどの主要なデパートや有名な観光地では使えるように対応されています。

また、パリにはJCBプラザラウンジ・パリというJCBカードの会員が快適に過ごせる施設があります。

受けられるサービスには以下のようなものがあります。

  1. インターネット、プリントアウト無料サービス
  2. 日本語新聞、雑誌の閲覧
  3. 現地ガイドブック、情報誌の閲覧
  4. ドリンクサービス
  5. マッサージ機
  6. レンタル傘サービス
  7. お荷物の当日中一時預かりサービス

JCBカードを持っていたら、ぜひ利用したいですね!

一方、フランスで殆ど使えないのが、AMEX(アメリカンエキスプレス)とDiners Club(ダイナースクラブ)です。どちらも日本では知名度とステイタスが高いカードですが、フランスでは全く違います。最近、アメリカンエキスプレスの方が、まだ少しは使える場所を見かけるようになりました。しかし、対応していない場所が多いので、期待しない方がいいでしょう。ダイナースクラブに関しては、名前さえも知らない人も多いようです。

関連記事→楽天やゆうちょで海外送金がお得?銀行以外の方法と手数料や日数を比較!

 

フランスでのカードでの支払い方法

XVM94ee355c-088d-11e5-8dbc-c1faf26d39e0

カードで支払う場合は、機械の下からカードを挿入します。日本ではカードで支払う場合にサインが必要ですが、フランスで支払いの場合はサインの必要がなく、代わりに4桁のコードが必要です。

このコードは、カードを申し込んだときに決めているはずですが、日本で使うことがなく、忘れている人も多いようなので、フランスに旅行に行ってカードを使いたいと思っている場合は、行くまでに確認しておくようにしましょう。

ちなみにこの支払いができるのは、カードにICチップがある場合です。ICチップというのは、カードの表面についている、四角い金色の小さいものです。

001046i101

もしカードにICチップがない場合は、機械の下からカードを挿入する方法だと反応しないので、右側(あるいは左側)に縦にカードを通します。この方法を知らない人が多く、カードがエラーになって使えなかったとあきらめる人が多いです。

ちなみに、フランス人の店員もこの方法で支払えると知らない人が多いので、諦めずに交渉してみてください。

この支払いの場合は4桁のコードではなく、サインが必要の場合が多いです。

ただ、最近だとICチップのないタイプのカードも、発行会社に連絡すると、ICチップの入ったものに交換してくれます。

ICチップ入りは、買い物するのが簡単なだけではなく、ICチップなしのものと比べると、セキュリティにも強いカードとなっています。

スキミングというカードの情報を盗む犯罪は、ICチップがないものだと、情報を盗むのが比較的簡単だと言われています。一方、ICチップ入りだと、情報を盗むのにも時間がかかり、そのうえ4桁のコードは盗まれないので、セキュリティに強く、不正がされにくくなっています。

ですから、ICチップが入ってないカードを持ってフランスに旅行に行こうと思っている方は、出来るだけICチップ入りのものに変更してもらってくださいね。

他にも最近のカードだと、サインも暗証番号も必要なく、機械の上にカードを置くだけで決済が完了するものもあるようです。どの方法で支払いができるか、いろいろと試してみてください。

関連記事→海外旅行保険のおすすめは?本当に必要なの?クレジットカードがお得!

 

クレジットカードの支払金額を安くする方法

日本で発行したクレジットカードの場合は、お店によりますが、カードを機械に挿入した段階でJPY(日本円)かEUR(ユーロ)を選択するような画面が出てくることがあります。この場合「日本円で支払うのだからJPYかな?」と思って、そちらを選択する人が多いのですが、実はこれは間違いなんです!

というのも、JPYというのはそのお店が独自の為替レートを使っており、その日の為替は関係なく、手数料を高く取っていることが多いのです。EURの場合は、その日のリアルタイムの為替レートに+1~3%というわかりやすい明確な金額になっています。

特に「滅多にない海外旅行だし♪」と思ってたくさん買い物をする場合、少しのレートの違いでも後ほど日本円に換算した場合の請求に差が付きますよ!

・1ユーロ130円で1000ユーロ購入した場合 130×1000=130000円
・1ユーロ131円で1000ユーロ購入した場合 131×1000=131000円

スポンサードリンク

関連記事→フランス旅行の予算はどれくらい?

 

クレジットカードと現金の為替の違い

クレジットカードだと、その日の為替レートに+1~3%上乗せされていると言いました。ちなみに、銀行や為替両替所などで現金の両替をすると、クレジットカード以上に上乗せされています。

よく、手数料無料と書いてあるところがありますが、手数料は無料でも、レートの中にはすでに上乗せがされているのです。

例えば、1€=130円の日に、現金を交換しようとしたら、1€=135円だというのを見たことないでしょうか?

これはかなり損してしまうんです。

クレジットカードだとポイントも貯めることも出来るし、為替レートも現金の両替よりもいいので、出来るだけカードを使うようにしましょう!

 

フランスでカードの使えない場所

フランスではカード文化なのですが、実はカードが使えない場所もあります。それは、小さなパン屋、蚤の市、露店などです。大体支払いが数ユーロなどと少ないところは使えない場所が多いようです。

また、こういうお店だと、お釣りもないということもよくあるので、フランスでお金を使う場合は、小さい金額のものをたくさん用意しておいた方がいいでしょう。

ただ、先ほども書いた通り、カードで支払えるところはカードで支払った方がお得なので、現金は最低限持ち歩くようにしましょう。

そして、日本だと現金で1万円など大きい金額の紙幣をもつのは普通なのですが、フランスはカード社会なので、あまり大きいお金を持ち歩く人は少なく、50€札でさえ、偽札だと思われたり、お店によっては拒否されるところもあります。

そのため、もし現金に両替をするのだったら、出来るだけ小さい紙幣を中心にするようにしてください。

関連記事→フランスのお土産はお菓子?雑貨?ブランドは何がある?

 

フランスで使えるクレジットカードのおすすめは?

私が実際に使ってよかったカードを紹介しますね。

 

JALカード


飛行機に乗る機会が多い人、海外・国内旅行が好きな人には間違いなくおすすめなのがマイレージを貯めることのできるJALカードですね!

マイルの貯め方については、また別で記事を書きたいくらい書くと長くなってしまうのですが、マイルのカードを持っている人は「マイルを貯めるのは飛行機に乗る人でしょ?私はあまり乗らないから貯まらない」と思っている人が多いです。

その考え方がもったいない!!!

マイルを貯めているマイラーは、実は陸マイラーといって、買い物で貯めている人が多いんですよ。なかなか仕事でしょちゅう飛行に乗るというのがない限り、空だけでマイルを貯めるのは難しいですね。なので、ぜひこちらのカードで買い物をして、マイルをためましょう。

新規入会で初搭乗時に入会搭乗ボーナスマイルをプレゼントするオンライン限定の入会キャンペーンも実施中!ですよ。

他にもJALカードのいいところは海外保険が自動付帯なんです。自動付帯というのは、こちらのカードを持っているだけで、海外で事故や病気になった場合の保険があるということです。海外に行くのに、わざわざ保険会社の海外保険に入らなくても補償されるんですね。

また、初年度が無料なのもうれしいです。申し込むときは、VISAかMASTERを選ぶとフランスで使える可能性が高いのでいいですね!

関連記事→フランス旅行の必需品は何?

詳細はこちら

 

楽天カード

JALのマイルのカードでマイルが貯まるのはわかったけど、でもそんなにマイルを使うチャンスもないし・・と思う方におすすめなのが楽天カードです。楽天カードは、名前の通り楽天が出しているカードで、たまったポイントは楽天市場で使うことが出来ます。

楽天市場の市場規模は大きいですよね。現在は国内でAmazonに次いで2位の売上高です。でも殆ど差がないそうです。周りを見ているとAmazon派と楽天市場派がいますが、楽天市場のいいところは買った分だけ楽天ポイントが貯まるところです。

楽天カードを使って買い物をすると、100円につき1ポイントが付きます。例えばフランスのホテルで10万円分の支払いをすると1000円のポイントが付くので大きいですよね。

また、楽天カードは2000万円までの海外保険が付いています。この保険は利用付帯です。利用付帯というのは、このカードを使って海外旅行に関する何かを購入したり支払ったときに補償がされます。例えば、航空券だったり、ツアーを申し込んだり、他にも空港までのタクシーやバスなどでもOKなようです。海外旅行で楽天カードの保険を使いたいと思う場合は、このカードを使って旅行の支払いをするようにしましょう。

他にも、楽天カードにはカード盗難保険もあらかじめついています。パリではスリが多いです。観光客だけではなく、長年パリに住んでいる人でさえ、スリの被害にあうことがあるようです。そのため、盗難された際の保険があるのは安心ですね!

一方、永年無料なのもうれしい!パリに旅行に来る際には、最低でも2枚のカードを持っていた方が良いと思います。それは買い物をたくさんする際の予備だったり、紛失するかもしれないということにも備えておいて、です。

そのため、永年無料でこれだけのサービスのカードがあるのだったら、作っておいても損はなさそうですね。

関連記事→フランスの免税手続きはどうする?書類作成や空港の申請方法を説明!

フランス旅行にはWIFIが必須

フランスで個人旅行に行く場合に、いつでもイレギュラーなことに対応できるように、ポケットWIFIを持っておくことをおすすめします。

フランスではフランス語でgrève(グレーヴ)と呼ばれるストライキが、ありとあらゆる場所で起こります。そのため、予想していた電車に乗れなかったとかいうことが本当に普通にあります。

そう言うときにすぐに対応できるようにするためには、インターネットがとても便利です。

フランス国内でもパリなど主要な都市の主なレストランやカフェだとフリーWIFIが使えるところも多いです。ただ、なぜかスマートフォンやタブレットがエラーになって繋がらないことも度々あります。そういった場合は、店員さんに質問しても、理由がわからず、結局つながらなかったということもよくあるんです。

一方、あまりフランス語がわからないため、店員さんに相談するのも難しいという方も少なくないかと思います。

そういう時に、日本からポケットWIFIがあると、どこでも場所を選ばずに日本語でネットが使えて便利ですね。

私も日本から友達や家族が遊びに来るときは、皆ポケットWIFIを契約して持ってきています。

皆が使って好評だったのが、グローバルWiFiです。

フランス国内のどこでもきちんとつながり、今まで一度も不満に思ったことがありません。

値段も日数で計算できるところが良いですね。

フランスに旅行に来られる場合は、保険の意味でもポケットWIFIをぜひ考えてみてくださいね!
 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る