ドコモのDマガジンって何?IpadやPCで使える?

ドコモ Dマガジン

 

海外に住んでいると日本の雑誌が恋しくなりますね。

amazonで購入して、海外まで送ってくれることも出来るし、パリなどの大都会だと、日系の本屋があって、そこで購入することも可能ですが・・・

とにかく高いです。

そこでお勧めしたいのが、パソコンやタブレットなどで読むことが出来るアプリサービスです。

今回はdマガジンについて書いてみますね。

スポンサードリンク

関連記事→海外(フランス)移住の必需品はなに?食材・キッチン用品編

 

Dマガジンとは

dマガジンは、携帯電話会社であるNTTドコモが提供しているスマホやタブ、パソコンで雑誌が読み放題になるサービスです。

読み放題になる雑誌は約180誌以上で、月額400円(税抜き)で楽しめます。

ちなみに初回31日間は無料で楽しめます。

読み放題となる雑誌のジャンルは2017年4月時点

 

①総合週刊誌 

写真週間誌(FRIDAY、FLASH)や、週刊文春、週刊新潮、週刊ポスト、週刊現代。

女性芸能誌の女性セブン、女性自身。

AERA、Newsweekなどビジネス系。

 

②女性ファッション誌 

VERY、BAILAなどの大人向けからSeventeen、SCawaii!などのティーン向けまであらゆる世代のファッション誌がそろっています。

 

③男性ファッション誌  

MEN’SNON-NO、UOMO、GQや、GOOUTなど幅広いジャンルが揃っています。

 

④スポーツ雑誌 

ゴルフダイジェストやアルバトロス・ビューなどのゴルフ系からワールドサッカーダイジェストのサッカー系、週刊プロレス、ベストカーなどコアなスポーツ雑誌も揃っています。

 

⑤エンタメ系 

TokyoWalkerPlusを始めとする各種ウォーカー系や、dancyu

 

⑥ビジネス系 

日本経済、東洋経済、エコノミストなどのビジネスマン向け雑誌も充実

 

⑦趣味系 

アニメディアや週刊Gallop、ファミ通、つり情報など趣味系の雑誌も多数あります。

関連記事→フランス(パリ)のWIFI事情は?レンタルできる?

 

一部の雑誌は、紙媒体の雑誌と違い記事が制限されていて、紙の雑誌でしか見れないページもあります。

雑誌によっては、かなり制限されているのもありますが、雑誌読み放題のサービスでは、読み放題サービスでで読み手を引きつけて、実際は紙の雑誌を買ってもらおうという考えもあるのかもしれません。

また、特徴的なのはジャニーズ系のアイドルは、写真が切り抜かれています。

ジャニーズ系は、写真等の著作権管理が厳しくネットでの複製を防ぐためためだと思います。

表紙でジャニーズ系のアイドルが使われている雑誌は、表紙のアイドルの写真が切り抜かれている、という変な感じになっています(笑)

なお、雑誌読み放題のサービスは楽天を始めとするいろんな会社が提供していますが、dマガジンの特徴としては、次のことがあげられます。

スポンサードリンク

関連記事→海外にいると年金の支払いは免除?受給資格はある?

 

ドコモ契約者以外も楽しめる 

dマガジンというのでドコモのケータイでしか見れないイメージがありますが、実際は、dアカウントと呼ばれるドコモ会員サービスのアカウントを取得すれば、auやソフトバンクユーザでも見ることができます。

もちろんdアカウントはドコモユーザでなくても取得できます。

 

雑誌の種類が豊富 

180誌以上が読み放題ということで他の雑誌読み放題サービスと比較しても種類が豊富で、メジャーな雑誌が多いです。

ということで、まずは試しに入ってみよう、と思う方はメジャーな雑誌が多いdマガジンがオススメです。

 

また、dマガジンは、スマホだけではなくタブレットやPCでも見ることができます。

PCは、dマガジンのサイトからログインして見ることができますが、個人的には、PCなのでマウスでのページめくり等、雑誌を読んでいる感は少ないかなぁと、感じました。

ただ、画面が大きいので見易さは一番です。

タブレットは、スマホ版と使い勝手がほぼ同じで、アプリをダウンロードして見るので、ページめくりなどスムーズですし、画面が大きいのでとても見やすいです。

拡大・縮小もスマホと同じ感じでできるので、タブレットで読むのが一番読みやすいかと思います。

ということで、電車の中など立って移動中は、スマホでざぁっと読んで、気に入った雑誌は、家でゆっくりタブレットで見る、というのが一番良いパターンかと思います。

価格が400円なので、読み放題サービスにラインナップがある雑誌を読んでいる方は、まずは無料で登録してみて、紙との違いを体験してみるのが良いでしょう。

関連記事→SAL便の料金は?フランスまで追跡は出来る?

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事



カテゴリー

ページ上部へ戻る