パリでタクシーに乗りたい!UBERは使える?カードやチップについても説明!

3515979 - taxi near the arc de triomphe in paris

パリ(フランス)に旅行に来たら、タクシーに乗りたいこともあるかと思います。パリでのタクシーは日本とは違うのか、乗り方や支払い方法など詳しく説明してみますね。

スポンサードリンク

関連記事→海外旅行の保険はクレジットカードがお得!おすすめなものを紹介!

 

パリのタクシーの乗り方

パリ市内と郊外には、約20000台のタクシーが走っていて、メトロ(地下鉄)やSNCFの駅前、観光名所の前などにタクシー乗り場があります。それ以外でも、走っているタクシーを止めて乗ることは可能です。その場合は、日本と同じく、手をあげて止めましょう。

ちなみに、車の上についている「TAXI」のランプが緑色だと空車、赤色だとすでにお客さんが乗っていることを表します。

タクシーには後ろにしか乗ることが出来ないので、普通の大きさだと大人3人が最大になります。パリのタクシーは自分の車をタクシーにしていることが多く、車の大きさはさまざま。最大3人しか乗れないものや、もっと多い人数が乗れるものもあるので、人数によって乗りたいタクシーを調整してくださいね。

ただ、大きい荷物が2個以上や、大人が4人以上だと追加料金が加算されます。また、夜間や休日、パリ郊外へ行きたい場合は追加料金を取られます。行きたい場所を口頭で伝えるのが不安だったら、紙に書いて見せると安心でしょう。また、先に行きたい場所からおおよその料金を聞いておくといいですね。

パリは一方通行が多いので、思った以上に遠回りをされることもあります。大抵のタクシーはナビを持っているので、行きたい場所を入れてもらうのが安心ですね。

ちなみに、パリのタクシーのドアは自動では開かないので、自分で開け閉めしてくださいね。

関連記事→フランスではクレジットカードが必須!使える・使えないブランドを紹介!

 

タクシーの支払い方法とチップ

タクシーはクレジットカードが使えないものも多いので、小銭を用意しておきましょう。フランスでは、現金で支払うときに、個人的なお店などだと、きちんとお釣りを用意していないこともよくあります。そのため、小銭を多めに持っておくようにしましょう。

基本的に、タクシーではチップを支払う必要はありません。それでも渡したい場合は、料金の5~10%程度を目安に渡すようにしましょう。

スポンサードリンク


関連記事→楽天やゆうちょで海外送金がお得?銀行以外の方法と手数料や日数を比較!

 

パリのタクシーの料金体系

パリのタクシーの料金体系は、走るエリアと時間帯によって、ABCの3段階に分かれています。上のランプの下側に、ABCの3つのランプがついており、どれかが点滅しています。

初乗は3.83ユーロで、それから次の料金が追加されていきます。

  料金(km) 範囲 時間帯
A料金 1.05ユーロ 市内  月〜土10:00〜17:00
B料金 1.24ユーロ 市内  月〜土17:00〜翌10:00
日・祝7:00〜0:00
近郊  7:00〜19:00
C料金 1.5ユーロ 市内  日0:00〜翌7:00
近郊  日・祝19:00〜翌7:00
郊外  終日

ちなみに、大きな荷物2つから1ユーロが追加され、4人目が乗る場合は3ユーロの追加となっております。また、最低の支払金額は7ユーロです。

関連記事→フランス旅行の予算はどれくらい?

タクシーの予約はUBERがおすすめ

タクシーに乗る方法は、タクシー乗り場からか流れのタクシーを止めると先ほど書きましたが、もちろん予約をすることもできます。レストランやホテルだと、お願いするとタクシーを呼んでくれます。

自分でタクシーを予約するのが不安な場合は、UBERというスマホのアプリがおすすめです。こちらはスマホにアプリを入れるのですが、クレジットカード情報も入力するので、タクシーに乗ってから支払う必要がありません。

スマホのアプリに乗りたい場所と目的地を入力し、そのあとに配車の依頼をします。すると、早いと1分程度で車が迎えに来ます。その時に、運転手の顔写真と車種が確認できます。そして、乗車後目的地に着いた後に、メールでクレジットカードへの支払いの通知が来ます。

ちなみにアプリには日本語もあるので、日本語での表記も出来ます。また、アプリで運転手の評価を見ることが出来ます。現金も必要ない点が安心ですね。

スポンサードリンク


関連記事→海外旅行保険のおすすめは?本当に必要なの?クレジットカードがお得!

 

お勧め関連動画


関連記事→海外送金トランスファー ワイズ ジャパンの評判や口コミは?受け取りや口座開設や難しい?

フランス旅行にはWIFIが必須

フランスで個人旅行に行く場合に、いつでもイレギュラーなことに対応できるように、ポケットWIFIを持っておくことをおすすめします。

フランスではフランス語でgrève(グレーヴ)と呼ばれるストライキが、ありとあらゆる場所で起こります。そのため、予想していた電車に乗れなかったとかいうことが本当に普通にあります。

そう言うときにすぐに対応できるようにするためには、インターネットがとても便利です。

フランス国内でもパリなど主要な都市の主なレストランやカフェだとフリーWIFIが使えるところも多いです。ただ、なぜかスマートフォンやタブレットがエラーになって繋がらないことも度々あります。そういった場合は、店員さんに質問しても、理由がわからず、結局つながらなかったということもよくあるんです。

一方、あまりフランス語がわからないため、店員さんに相談するのも難しいという方も少なくないかと思います。

そういう時に、日本からポケットWIFIがあると、どこでも場所を選ばずに日本語でネットが使えて便利ですね。

私も日本から友達や家族が遊びに来るときは、皆ポケットWIFIを契約して持ってきています。

皆が使って好評だったのが、グローバルWiFiです。

フランス国内のどこでもきちんとつながり、今まで一度も不満に思ったことがありません。

値段も日数で計算できるところが良いですね。

フランスに旅行に来られる場合は、保険の意味でもポケットWIFIをぜひ考えてみてくださいね!
 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る