ズッキーニの栄養や効能は?カロリーは高い?

ズッキーニ 栄養

 

キュウリによく似たズッキーニは日本人にあまりなじみのない野菜ですが、低カロリー、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれておりダイエットに丁度いい野菜なんです。

今日はズッキーニの栄養、効能、カロリーについてご紹介します。

スポンサードリンク

関連記事→根セロリの栽培方法は?旬や味、栄養が知りたい!

 

ズッキーニの栄養

ズッキーニに含まれている栄養素としてまず「カリウム」が挙げられます。

カリウムはナトリウム(塩分)を排出する役割があり、高血圧に効果のある栄養素です。

また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあります。

そして「ビタミンC」も含んでいます。

ビタミンCは風邪予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果のある栄養素です。

「βカロテン」「ビタミンB類」の豊富に含まれており、身体の中で代謝を促進させ、アンチエイジング効果が高い栄養素として注目されています。

「ビタミンA」も豊富に含まれており、免疫力と抗酸化作用が期待できる栄養素です。

「葉酸」も含まれており、赤血球をつくる働きがある栄養素です。

スポンサードリンク

関連記事→根セロリのレシピは?サラダ、スープ、ピューレなど!

 

ズッキーニの効能

ズッキーニに含まれているカリウムは利尿効果が高いので、高血圧やむくみ解消効果が期待できます。

ズッキーニを油で炒めることによってズッキーニに含まれるカロチンの吸収力をアップしてくれます。

カロチンは免疫力を強化してくれるので、皮膚や粘膜を強くして、風邪予防にも効果があります。

また、葉酸の効能として貧血を予防、改善してくれます。

ビタミンB群は代謝を促してくれるので、アンチエイジング効果も期待できます。

ズッキーニに含まれているビタミンCの働きで、風邪予防だけでなく、肌コラーゲンの生成を助けて美肌にする効果や疲労回復効果、免疫力アップが期待できます。

ズッキーニは水分を多く含む食材なので、体の熱を冷ますのにもってこいな食材なのです。

暑さで体力が低下し、体に余分な熱が溜まりやすい夏に特に積極的に摂取すると夏バテ改善が期待できます。

その他で期待できる効能として、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、夏バテ防止、抗酸化作用が挙げられます。

そして注目するべき効能は「ダイエット」です。

ズッキーニはカロリーが低いのでそれだけでダイエットにピッタリと分かりますが、それだけでなく低カロリーながらも、食べ応えがあり、腹持ちも良いので非常にダイエットに良い食材なのです。

低カロリーでミネラルたっぷりなのでダイエットに向いているのです。

ズッキーニの栄養素をより効果的に摂取できる食べ方は、含まれているβーカロテンは油に溶け出す性質があるので、栄養素を上手に体に吸収させるためには油を使った調理方法がおススメです。

関連記事→ホワイトアスパラの栄養は?普通のアスパラと違う?

 

ズッキーニのカロリー

ズッキーニのカロリーは100グラムあたり14キロカロリーです。

グラムではなく、ズッキーニ1本あたりのカロリーについては、1本あたりの重さは200グラムくらいなので、ズッキーニ1本あたりのカロリーは約28キロカロリーということになります。

ズッキーニと同じくらいのカロリーはきゅうりです。

きゅうりはカロリーが低い食材として知られていますので、ズッキーニもカロリーが低い食材であることが分かります。

ズッキーニは1本丸ごと食べても約28キロカロリーほどなので、他の食材と比較してもカロリーはかなり低いと言えます。

カロリーが低いが、高血圧予防やアンチエイジングなどさまざまな効能があり、ダイエットにもおススメな食材です。

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る