冷凍食品ピカールの使い方は?人気商品も紹介!

Picture taken on July 26, 2010 in Paris shows the logo of French frozen foods group Picard. Consumer-focused investment firm Lion Capital is in exclusive talks with British investment fund BC Partners to buy Picard, Picard, Lion Capital and BC Partners said on July 26, 2010.  AFP PHOTO  ERIC PIERMONT

 

フランス人は共働きが多く、女性の約85%が出産後も仕事を続けるそうです。

子育てや家事をしながら、仕事って本当に大変ですよね。

そこで役に立つのが、冷凍食品です。

フランス人はよく冷凍食品を食べていますね。

その中でピカール(picard)と言う冷凍食品専門のスーパーマーケットがとても人気で、みんながよく利用しています。

それについて、まとめてみますね。

スポンサードリンク

関連記事→海外(フランス)移住の必需品はなに?雑貨・衣類・医療編

 

ピカールはどのようなお店なのか

ピカールはフランスを中心に、イタリア、ベルギー、スウェーデン、スイス1000店舗を超える冷凍食品専門のスーパーマーケットです。

年間売り上げは約15億ユーロにも上り、商品ラインナップは常時1200種類以上を維持してます。

美食の国と言われるフランスにおける食のトレンドの中で求められるものは美味しさ、美しさ、健康、安全性です。

それらを大切にしてよりよく食べることを追求します。

ピカールはそういった食のトレンドを満たしてくれるお店と言えます。

実際に、フランス人が選ぶ好きな食べ物ブランド調査で、5年連続で1位を獲得するほどの人気ぶりです。

食の安全と栄養バランスを考えており、大人から子供まで楽しめるのが大きな特徴です。

遺伝子組み換え食品や硬化油、人工甘味料などを含む食材を一切使用せず、塩分や糖分、飽和脂肪酸などを制限するなど定期的にメニューの見直しも行っています。

パンやスープ、冷凍野菜やオードブル、メインディッシュ、デザートまで全て網羅する冷凍食品でありながら高級レストランのようなフルコースを自宅で気軽に食べられるブランドとして、普段の食事以外でも、ホームパーティーなどにも大活躍します。

 

ピカールの歴史

元々は、氷製造や配送業を行っていましあが、1974年にパリに冷凍専門スーパーの第一号店をオープンさせたことでパリを中心に集中的に出店し、店舗数を増やしていきました。

関連記事→海外(フランス)移住の必需品はなに?食材・キッチン用品編

 

日本でピカールの商品を購入できるのか

日本で購入できるお店は現在少ないですが、存在します。

2016年11月23日、東京青山の骨董通りに、日本第一号店がオープンしました。

これを皮切りに、12月9日に麻布十番、2017年1月20日に中目黒店を出店しました。

第一号店である、青山骨董通り店では「365日いつでも誰でも美味しさ溢れる食卓を」をコンセプトにフランス・パリでも人気の野菜料理の数々やフランスブランドならでは食品をバラエティー豊富に扱いおよそ200種類のラインナップを展開しています。

12月9日にオープンした麻布十番店では、日本初上陸となるフランスのオーガニックスーパーマーケット「ビオセボン」を始めとして、薬局とヨガスタジオを併設した複合店舗として出店しました。

また、11月17日にオンラインストアを開設したほか、イオンスーパーの品川シーサイド店、東雲店、東久留米店において「プティピカール」として展開されています。

スポンサードリンク

関連記事→エシレバターとは?食べ方やレシピも紹介!エシレバターケーキもお勧め!

 

ピカールの人気商品を紹介

充実の商品ラインナップから、人気の高いメニューをピックアップします。

日本では珍しいものが冷凍食品として販売されている商品もあります。

*「フォアグラ」

温めるだけで自宅で本格的なフォアグラステーキやテリーヌが食べられます。

*「鴨のコンフィ」

自宅で作るのは食材を揃えるだけで大変で、フレンチレストランでしか食べられないコンフィが冷凍食品なら手軽に楽しめます。

*「4種類のミニパイ」

トマトとバジル、ほうれん草とリコッタチーズ、オリーブとアンチョビなど4種類の味が楽しめるパイです。

*「スパゲティ・ボロネーズ」

パスタ類は種類が沢山あります、ボロネーゼ、チーズ、カルボナーラなどがあります。白トリュフのタリアテッレといったとても珍しいパスタも味わえます。

*「ガレット」

蕎麦粉で焼いた薄いクレープ生地にフルーツや生クリーム、卵やハム、チーズなどを挟んだフランス北西部の地方料理です。

フライパンで仕上げるタイプになり、本格的なガレットを手軽に楽しめます。

関連記事→ガレットレシピを紹介!そば粉のクレープ!

 

*「キッシュロレーヌ」

生クリーム、ベーコン、卵などのふぃリングをパイに詰めて、チーズを載せて焼いたフランス・ロレーヌ地方の郷土料理です。

温めるだけで簡単に楽しめます。

関連記事→キッシュロレーヌの本格レシピが知りたい!簡単に作れる?

 

*「モアローショコラ」

フランスでは人気ナンバーワンです。

210度のオーブンで17分温めます。

中から熱々のチョコレートが出てくるチョコレートケーキです。

ピカールのスイーツの中でも一番人気のアイテムで、品切れの場合も多いです。

*「ミニエクレア」

色々な種類の小さいサイズのエクレアのセットです。

チョコレート、ピスタチオ、フランボワーズ、レモンメレンゲの4種類が入っています。

*「カヌレ」

オーブンで温めるタイプです。フランスならではのお菓子です。

この他に、日本でお馴染みの「お寿司」も冷凍食品として販売されています。

このように、日本人でも美味しくいただけそうな商品も数多く取り揃えており日本にいながら本格的なフランス料理を温めるだけで手軽に楽しむことができます。

ピカールの冷凍食品がどこまで日本に拡げらえるか、そして新たなる冷凍食品の使い方が日本人に定着するのかが、これからの動向がとても興味深いです。

 

お勧め関連動画


スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る