バイリンガル教育、子育ての失敗例は?

バイリンガル 失敗

 

両親が異なる国籍だと、子供はバイリンガルになるチャンスが高いはず?

しかし、周りを見ていると、意外とバイリンガルになっていない人も多いです。

スポンサードリンク

関連記事→バイリンガルとモノリンガルの違いは何?

 

今回は、バイリンガル教育の失敗例について聞いてみました。

父がアメリカ人、母が日本人でアメリカに暮しています。学校で日々使う言葉が日本語の会話の中に英語のまま使われるようになり、日本語と英語が混ざった普通の日本人には通じない日本語を話すようになってしまいました。

父がアメリカ人、母が日本人です。アメリカ在住です。上の子は日本語が話せますが、下の子は兄弟間も英語なせいか、理解はできますが、話すのが苦手です。

子供が小さい時5年間海外でしたが、日本人とばかり過ごす時間が多すぎました。子供は日本に帰ってからは英語は錆び付いています。

失敗があるとおもいます。失敗例といってもいろいろあってそれぞれ場合による違いがある。それぞれの違いで、できないことがあると育て方も変わるとおもいました。

日本で過ごし、父は中国人、母は日本人でしたがバイリンガルになりませんでした。理由は、父が出張で家を空けることが多く、中国語を話す機会があまりなかったからです。

スポンサードリンク

両親がお互い母国語が違うので、お互いの国の簡単な言葉しか使えず、子供たちも簡単な言葉しか聞く機会がない。親の努力が不可欠

主人がアメリカ人で、私が日本人です。アメリカ、ヨーロッパなどを転々とし、学校はアメリカンスクールで、日本語の環境が少ないせいで日本語を教えられなかった。小さい時、英語と日本語で子供の頭がこんがらがって、言葉が遅かった。

アメリカ人の父と日本人の母は、日本で結婚し、ずっと日本で暮らしている。母は英語を話せなかったので家庭内の会話は基本的に日本語だけだ。父は、僕が赤ちゃんの頃は英語を話してくれたようだが、周りの環境が日本語だけであり、幼少期の僕が日本語を覚え始めると次第に家庭内は日本語のみになっていった。それでも父は僕に英語を話してほしかったみたいで、よく「英語を話しなさい」としつこかった。そのせいか幼い頃から英語は「強制されるもの」のイメージが強く英語の勉強がなんとなく苦痛だった。幼稚園はインターナショナルスクールに通い英語教育も多少は受けたが、生徒は日本人が多い為、結局子ども同士は日本語で会話していた。幼稚園はとても楽しかったが、英語はあまり身につかなかった。それ以来、英語はほとんど使用せず日本語のみ使っている。

関連記事→かっこいいフランス語の単語が知りたい!メールアドレスやお店の名前に

 

米国在住で両親共に日本人です。ずっと日本語で育てていたので学校に入った時いきなり英語の環境で子供が萎縮してしまった事です。

父香港人、母日本人、育ったのは香港、教育はインターナショナルスクールで、大学を卒業した時に英語しか話せなかった。大学を卒業したものの「半分日本人なのに日本語ができない」「中国語も話せない」ということで、就職が長い間見つからない。

親の片方が外国人と言うだけでは、バイリンガルになるわけではないんですね。
バイリンガル教育に興味のある方、参考にしてみてください。
 

関連記事→可愛いフランス語の単語が知りたい!メールアドレスやお店の名前に

 

お勧め関連動画

合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る