バイリンガルとモノリンガルの違いは何?

バイリンガル モノリンガル 違い

日本の街中で外国人を見かけることはもう珍しくもありません。

国際恋愛や国際結婚という言葉も年々多く聞かれるようになってきました。

そんな国際社会において、自国の国の言葉以外の他言語を話すバイリンガルの方も増えてきています。

一方で、他言語を話さずに自国の言語のみ話す方はモノリンガルと呼びます。

バイリンガルとモノリンガルの違いについて書いてみます。

スポンサードリンク

関連記事→バイリンガル教育、子育ての失敗例は?

 

バイリンガルの魅力的

もしあなたが今から何か新しい語学を勉強しようと思うと、どの言語に一番惹かれますか?

アラビア語やタイ語のように他のアルファベットを魅力的に感じる方もいれば、フランス語やポルトガル語のようなきれいな音に魅了されるかたもいるかと思います。

語学の勉強は長く、忍耐もほどほどにいるので、やはり自分が魅了される言語から初めてみてはどうでしょうか?

そこの国の彼氏ができたなんて理由もモチベーションの上がるきっかけになりますね。

私は大学時代の留学でフランスに行ったこともあり、フランス語から始めましたが、1つ思ったことは、英語がちゃんと話せれば良かったなぁということです。

やはり、どこの国の方とでもコミュニケーションをとるにあたって一番頼りにされるのは英語力

当時留学中は、勉強不足のせいで会話に入っていけないのがとても悔しかった思い出があります。

そして、英語をマスターすれば、比較的3ヶ国語目の勉強が楽になっていくのです。

関連記事→フランスで英語は本当に通じないの?フランス人の発音っていいの?

 

1つはすでに英語をマスターしたことで、自分にあった外国語の勉強のやり方がわかってくる。

また日本語以外に他言語が話せることで自信がついてくる。

もう1つは、例えばドイツ語。

ドイツ語と英語は同じゲルマン語に属しているので、全くの他言語であっても似ている単語などがあって、英語とリンクさせることにより覚えやすくなってくるなど。

それはスペイン語などのラテン語にもいくつか共通するので、英語をマスターしたことによってもっと色んな言語に手を出しやすくなります。

とはいえ、やはり新しい語学を学ぶのはなかなか苦労するもの。

しかし苦労を経て身につけた後には、新しい世界が待っているかもしれません。

スポンサードリンク

関連記事→フランス語で挨拶はどうするの?メールについても知りたい!

 

キャラクターが変わるバイリンガルとモノリンガル

ところで、このモノリンガルとバイリンガルですが、聞いたところによると、他言語を話す人とは各言語ごとにキャラクターが変わるだとか。

例えば日本人の方が日本語を話している時には照れ屋で、話し方ももぞもぞとしているのに、英語になると明らかに声が大きくなって社交的になるとか。

この例ではわかりやすく日本人を例に挙げましたが、バイリンガルやそれ以上の言語を操るかたには多々あるそうです。

実は私自身もそうかなと思うことがあります。

英語では少し保守的で、ポルトガル語ではノリがよくなりオープンであったり。

それはきっとその言語が持っているリズムやその背景にある国の文化が影響しているのだろうと思います。

バイリンガルであることは、言葉を通して世界の色々な方と話せる機会だけでなく、言葉を通してその国を理解したり、その国の文化に浸透していくきっかけにもなるんですね。

外国人が日本にも増えてきている今、これをきっかけにバイリンガルの世界に入ってみませんか?
 

関連記事→バイリンガル教育、子育ての成功例が知りたい!

 

お勧め関連動画

フランス語力アップにはディクテーションが重要

私は2010年からフランスに住んでいますが、お恥ずかしながら、ずっとフランス語が初心者の域から抜け出せなかったんです。

フランス語で簡単な言葉で話してもらえたら理解できるんだけど、ネイティブが早い言葉で話すと全く聞き取れなくなるんです。これは、圧倒的に、耳から聞いているフランス語の量が少ないせいで起こります。

どうやって勉強したらいいかなと考えたときに、すすめられたのがディクテ(ディクテーション)です。語学を勉強したことがある人なら聞いたことがあるかもしれません。

ネイティブの人が、きちんとフランス語を聞き取ることが出来、会話が出来るのは、子供の時からフランス語をずっと聞いて勉強して来ているからです。

私たちのように、大人になってからフランス語の勉強を始めて、フランス語力を伸ばしたいと思うのだったら、やはり時間をかけてたくさんのフランス語に触れるしかないんですね。

そして、その勉強に良いのが、ディクテです。

ディクテのやり方は、一文ずつ聞いたものをそのまま文に書いていきます。

人間は、きちんと聞こうと思って話を聞かない限り、頭には入らないんです。そのため、どんなにフランス語を勉強しようと思って、耳からシャワーのように聞いたとしても、理解ができるようになることはないです。

コマーシャルでよくある、外国語を聞くだけで話せるというのは、嘘です。どんだけ聞き流しても、上達はしないです。

ディクテは、一文一文、耳で聞こえたものを、そのまま文にします。傾聴しないといけないので、ものすごくフランス語に集中し、これを毎日のように続けていると、数か月で効果が出てきます。

ちなみに、ディクテで選ぶ教材は、色んなシチュエーションでネイティブが会話をしているのが良いです。あと、答え合わせをしなければいけないので、フランス語のスクリプトが付いているものを選びましょう。ラジオなどは、かなりの上級者向けですね。

英語の教材は、本屋でもどこでも、ものすごい量で色んなレベルのものが売っていますが、フランス語って本当に少ないですよね。その中で良かったのがフランス語ビデオ講座【アンサンブル・フランセ】でした。こちらは、ビデオで勉強ができるのでおすすめです。しかも、無料視聴も出来ます。いきなり買ってみて、全然よくなかったと言って、結局使わなかったということが避けられるんですね(実は私はいくつかそういう教材を持っているんです・・)。

ただの本だったら、本屋でも見ることが出来ますが、音声になると、試しに聞くことはできませんよね。そういう時に無料視聴が出来るのは安心ですね。

しかも、口コミも高い!こちらは初級者から中級者にいいと思います!ぜひ無料でまずは試してみてくださいね。

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る