フランスに関するありとあらゆる情報を載せています☆

ジンファンデルとは?おすすめや特徴、味を紹介!

よっしー
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
初めまして。当サイト管理人のよっしーです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡ よろしくお願いいたします!
詳しいプロフィールはこちら

ワインは色んな品種のブドウを使って作られます。それぞれの品種によって、特徴が違い、また配合やどこで作られるかによっても、ワインの味が変わってきます。

ジンファンデルの品種の特徴やおすすめのワイン、一緒に食べると美味しい料理などについて説明します。

スポンサードリンク

関連記事→ワインの産地や特徴を説明!フランス・イタリア・スペインなど

 

ジンファンデルのワインの特徴

ジンファンデルを使ったワインは、色が濃くアルコール度数が高い、しっかりした赤ワインが多いです。長期に寝かせて旨みが増すタイプだといえますね。フルボディと呼ばれる、重みやコクを濃厚に感じるワインになります。

アルコール度数は13.5%〜16%と、ワインではかなり高めなものが多いですよ。実は、8割以上のジンファンデルはロゼワインに使われているんです。ふんわりと甘味を感じ、柔らかい味わいのワインになります。

 

ジンファンデルの品種

ジンファンデルは、アメリカのカリフォルニア州を代表する葡萄品種です。赤ワイン用の品種で、1800年代にアメリカへ入り、今では南アフリカやオーストラリアでも多く使用されています。

イタリアでは別名「プリミティーヴォ」と呼ばれ、イタリア語で「最初の」という意味だそうですよ。名前の通り、早めに熟してくれる品種です。イタリアではプーリア州という産地を押さえましょう。

重厚な一本にも、早熟な特徴を活かしたフレッシュな1本にも変身する、幅広い可能性を秘めた品種であると言えます。

 

ジンファンデルの主な産地

まずはアメリカのカリフォルニア州です。ナパを中心に、ソノマ、パソロブレス、シエラフットヒルズにおいては品質の良いジンファンデルが収穫されます。

イタリアのプーリア州では比較的軽い品種が収穫されます。例外的に、プーリア州のマンドゥーリア近辺において濃厚で深みを感じる品種が収穫され、ネグロアマーロという別の品種とブレンドされることもありますよ。

8月下旬頃に収穫を始めることが多いそうです。ジンファンデルは、高い糖度でも瑞々しい果実味を保てる珍しい品種なので、じっくりと熟すまで待ちます。

スポンサードリンク

関連記事→ワイン用のブドウ品種の特徴を一覧に!おすすめはこれだ!

 

ジンファンデルの味や香り

アルコール度数が低いタイプはまず、ベリー系の甘酸っぱい香り、続いて焼いた肉のような黒胡椒のような香り、次いでバニラ、バタースコッチのような香りを感じます。16-20度で飲むと美味しいですよ。

アルコール度数が高いタイプは、キャラメルの香り、シナモンやチョコレート、葉巻のような香りです。

味はというと、果実味がとても強く、まろやかなタンニンを感じます。アルコール度数が高めなので、タンニンが少ない割に、しっかり飲んだ感はありますよ。

 

ジンファンデルのワインのおすすめ

フランシス・コッポラ・ダイアモンドコレクション・レッド・ブランド・カリフォルニアです。こちらはジンファンデルとプティ・ヴェルド、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、メルローをブレンドしたワインです。

存在感とリッチさ、上品さがあり、ビーフシチューなど濃厚なお料理にお薦めです。それぞれの品種の魅力を最大限引き出しているワインです。ジンファンデルの果実味とスパイシーさをしっかりと感じる逸品。伝統的なワイナリーであるイングルヌックを再建した、フランシスコッポラの商品です。

 

ジンファンデルに合う料理

一般的に濃厚なワインなので、濃厚な味付けのお料理がおススメです。例えば、タレ味の焼き鳥、濃厚ソースのお好み焼き、甘辛ダレの焼肉などです

ビーフシチューやバーベキュー、ステーキなどどっしりしたディナーのお供にもよく合いますよ。ハンバーガーやベーコンなども相性が良いですが、シーフードをお塩とレモンで頂く、なんて時は、ホワイトジンファンデルが良いですね。果実味が強いワインですから、スッキリとしたロゼの方が合いますよ。

関連記事→ワイン初心者にもおすすめ!種類や選び方のまとめ記事


美味しいワインが飲みたい方へ

私はワインが大好きで、毎日のように飲んでいます。しかし、ワインは種類が多すぎて、きちんと勉強をしてないと何がいいのかよくわからないですよね。

知り合いは、以前、日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクションでのワインのセレクションをしていました。本当においしいフランスでのワインを現地でセレクトしていたんですね。

ワインに詳しい人だと自分で選ぶことが出来るかもしれませんが、よくわからない場合は、まずはワインに詳しいソムリエが選んだワインを飲んでみたらいいと思います。ソムリエが選んだワインでこの値段!ビックリすると思います!




ワインと一緒に美味しいチーズを食べたい

ワインに合わせるには美味しいチーズが必須です。美味しいワインは、一緒に何を食べるかによって、美味しさが何倍にもなりますね!

あなたの家の近くではチーズが買えますか?私もチーズが好きなのですが、日本だと世界中のチーズを手に入れる場所が限られますよね。

そこでおすすめなのがナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』です。

こちらのサイトでは日本では手に入りにくい世界中のチーズを扱っています。

ちょっと奮発したワイン。それに合わせるのはスーパーのチーズじゃ淋しい…

全国にフレッシュな状態で発送してくれるので、ぜひご覧になってみてください。




ワインについて勉強する方法

このページを見ているあなたは、ワインについて興味があるのだと思います。ワインの勉強をしたら、自分で美味しいワインを選ぶこともできるようになり楽しいですね!

ワインについて自分で勉強する方法はいくつかあります。
  • 本を読む
  • ワインソムリエの講座を受けてみる

ワインに関する本はたくさんあり、すぐに始めるのは簡単ですが、読んでいるだけだとよくわからないという方も多いはず(実際に私もそうでした)。

そんな方におすすめなのが、ワインソムリエの講座を受けて勉強するという方法です。

ただ、ワインソムリエの講座って高いんでしょ?って思いませんか?

確かに、通学やオンラインなど全国でたくさんワインソムリエの講座はありますが、どれも数万円かかるものばかりです。

そんなあなたにおすすめなのがスキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】です。【オンスク.JP】は、なんと月々980円で全ての講座の資格学習コンテンツが利用し放題なんです。

ワインソムリエ以外だとアロマテラビー検定講座や、簿記、ファイナンシャルプランナーなど20以上の講座があります。これらが全て同じ料金で受講し放題なんですね!

講義は、資格の学校TACによるノウハウが凝縮された、充実の講義ムービーとなっており、スマホやPCを使い、好きな時に好きな場所で好きなだけ学ぶことが出来ます。

インターネットが発達して、色んな事が安く利用できる時代になりましたね。

ぜひこちらを利用して勉強してみて、楽しいワインライフを送ってください★

スポンサードリンク

「在宅で子供を見ながら仕事がしたい」

「好きな時間に起きて生かす仕事がしたい」

「スキルを持っていなくても仕事がしたい」

「収入の柱を増やしたい」

「田舎や海外でも場所を選ばず仕事がしたい」

そういう方向けの情報を公開中!

今だけ!インスタで世界観を作りフォロワーアップの方法プレゼント中

 
この記事を書いている人 - WRITER -
よっしー
初めまして。当サイト管理人のよっしーです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡ よろしくお願いいたします!
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フランス散歩 , 2018 All Rights Reserved.