フランス語の『R』の発音はどうする?

image1

 

私がフランス語を習得していくうえで、最初にぶち当たった壁、それは、“発音” です。
日本語には存在しない音は出したことがないので、同じ音がだせないんですよねー、、、

よく難しいといわれるのが、フランス語のRの発音ですね。

なんと、私は結婚して、Rが含まれる苗字になってしまい、発音できないのは死活問題!

名前を名乗ると通じず、何度もききかえされました。。。綴りを聞かれても、Rの発音の問題なので、Rを聞き取ってもらえないという始末です。
自分なりのコツを見つけたので、ちょっとまとめてみますね。

スポンサードリンク

Rの発音を出すために私がやったことは?

喉を鳴らして発音するとよいときき、うがいをするときのようにガラガラと、ときには水を含みながら練習したりしました。

しかし、喉ガラガラでRだけ単独で発音できても、Rを含む単語、文章で、喉ガラガラを意識すると、スムーズに発音できず、会話に遅れてしまうか、結局、ラリルレロ発音になってしまい、通じないという状況でした、、、

関連記事→可愛いフランス語の単語が知りたい!メールアドレスやお店の名前に

 

日本の本にはどう書いてある?

日本のフランス語文法書などでは、Rの音をよくラリルレロで表していますが、日本語のラ行はフランス語のRの音とは全然違うんですよね。

日本語ではRもLも同じラ行で表現することが多く、日本人にとっては、ローマ字で書くRAもLAもカタカナで表現すると、ラですよね。

しかし、フランス語においてはLの音とRの音は全くの別物で、同じ音で発音すると、通じないのです。

スポンサードリンク

関連記事→かっこいいフランス語の単語が知りたい!メールアドレスやお店の名前に

 

ラ行じゃなくてハ行!?

そこで、日本語脳にばっちりなっている発音音痴な私がいきついたのは、フランス語のRは、ラ行よりもハ行で発音する、です。

日本語のラ行はを口に出してみると、舌の先が前歯の後ろに触れて、口の前の方から音を出していることに気づきませんか?

けれど、フランス語のRは、喉をガラガラ鳴らして出すような摩擦音で、口の奥の方から音が出ている感じです。

そのため、ハ行の方が近い音になります。

ハ行を口に出してみると、舌先は動かず、喉の奥から空気を出して音を出す感じがありますよね。

それがフランス語のRの摩擦音を日本語発音から自然とだすコツの一つのようです!

例えば、よく使う “とても” にあたる “très”“トレ” ではなく、”トヘ” のように発音する感じです。

“さようなら” にあたる “au revoir”“オゥ フヴォワーフ” のような感じですかね。

“ありがとう”“merci”“メフシー” の方が “メルシー” よりフランス語らしい発音に聞こえます。

カタカナで書くと変にみえますが、とっさに発音したいときは、喉ガラガラより、なんとかなる気がしませんか?

ぜひお試しください。
 

関連記事→ココシャネルの名言をフランス語で見てみよう!和訳付き

 

お勧め関連動画

合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る