トリアノンとは?ルイ14世が作ったヴェルサイユ宮殿

ヴェルサイユ宮殿

 

ヴェルサイユ宮殿は、日本人にも人気の高い観光名所ですね。

ヴェルサイユ宮殿について、かいてみますね。

スポンサードリンク

関連記事→フランス旅行の予算はどれくらい?

 

ヴェルサイユ宮殿の歴史

ヴェルサイユ宮殿はパリから22キロの近郊で人気の観光地として知られています。

もともとルイ13世が狩猟の際に使っていた邸宅でした。

それを息子のルイ14世が宮殿に造り変えたものがヴェルサイユ宮殿です。

この改築は大規模なもので、1661年に工事を開始して1710年に完成するといった約半世紀の年月がかかりました。

庭園を含めた敷地の総面積はおよそ800万㎡です。

建築、造園、室内装飾の各分野で当時の超一流の専門家が集められ、常に2万人以上の工事関係者が出入りしたと言われています。

宮殿の建築だけでなく、水源のなかったヴェルサイユにセール川から流れを引いて、豊かな森を造ることでルイ14世は自然までも支配する王の権力や支配力を国内外に示すこととなります。

そして、ヴェルサイユ宮殿が政治の中心地となりました。

フランス革命で家具などの略奪はあったものの、宮殿自体は無傷で残りました。

1837年に歴史美術館として一般に開放され、1979年には世界文化遺産に登録されました。

関連記事→フランスのユネスコ世界遺産が知りたい!

 

毎年世界中から年間600万人以上もの多くの観光客が訪れるスポットとなりました。

スポンサードリンク

ヴェルサイユ宮殿の見所

ヴェルサイユ宮殿の見所は沢山ありますが、大まかに言うと、見学の中心となる宮殿「グラン・アパルトマン」宮殿の西側に広がる広大な庭園。

その奥に続く十字形の運河「グラン・カナル」運河に隣接する「グラン・トリアノン」と「プチ・トリアノン」そして、プチ・トリアノン周辺の「王妃の農村」「愛の殿堂」などに集約されています。

宮殿の見学で済ませるなら半日、グランカナルやトリアノンまで行くなら1日必要です。

関連記事→フランス旅行のお土産はどんなものがいい?

 

見所の特徴

<1.グラン・アパルトマン>

ヴェルサイユ宮殿と言ったときに、庭園や離宮を含めた施設全体を指すこともありますが、メインとなるこの建物自体を表して言うこともあります。

宮殿の中で最も有名な部屋は「鏡の回廊」です。

ここでベルサイユ条約が調印されました。

その他、ルイ16世とマリーアントワネットの婚礼が行われた「礼拝堂」歴代王妃が王位継承者を出産し、マリーアントワネットが最後の主となった「王妃の寝室」など歴史の教科書やテレビでよく取り上げられている部屋が多数あります。

<2.プチ・トリアノン>

ポンパドゥール婦人の発案で造られた離宮でメインの宮殿と比べるとかなり小さな建物です。

ルイ16世が即位するとその妻であるマリーアントワネットに贈られましたが、宮殿の厳しい慣習についていけなかったアントワネットはここでお気に入りの側近達と過ごすことを好み、建物自体も自分の好みへと改装を重ねていきます。

内部の見学も可能です。内装を見るとアントワネットの趣味がうかがえます。

可憐な乙女らしさが特徴と言えます。

そして、周辺の散策も欠かせません。

アントワネットがスウェーデン大使のフェルゼンと密会を重ねたとされる「愛の殿堂」がまず一つ目の見所です。

さらに奥へ進むと「王妃の農村」と呼ばれる疑似農園が広がります。

スポンサードリンク

関連記事→フランス旅行の必需品は何?

 

<3.グラン・トリアノン>

ルイ14世が宮廷での公務を離れて家族や身近な側近達と過ごすために造った離宮です。

1687年のマンサールによる改築で、バラ色の大理石がふんだんに用いられ「大理石のトリアノン」と呼ばれるようになりました。

フランス革命後はナポレオン1世が居住します。

ルイ14世時代の調度品は失われてしまいましたが、ナポレオン時代のものは当時のまま残されています。

現在、グラン・トリアノンは迎賓館としても利用されており、国賓を招いての晩餐会などが行われます。

メインの宮殿より小さいですが、ここまで来るのに1日かかるので観光客が比較的少なく、ゆったりと見学する事ができます。

<4.庭園およびグラン・カナル>

天才造園家ル・ノートルによって造られたフランス式庭園です。

広さは100万㎡以上です。

ル・ノートルは「庭園の王」「王者の庭師」などの異名を持つ巨匠でです。

フランス式庭園の特徴は、幾何学模様や左右対称に配置された歩道や植栽にあります。

また、遠近法を効果的に用いた視覚効果によって平坦さや広大さを増幅させ、もともと広い敷地が一層広がりを持って感じられるようになります。

関連記事→フランス(パリ)のWIFI事情は?レンタルできる?

 

宮殿からトリアノンまでの行き方

宮殿から離れた場所にあるので歩いていくにはかなり時間に余裕を持たせないと厳しいです。

庭園内を移動する手段としてミニトレインがありますので、こちらを利用するのをおススメします。

また、6月中旬から10月下旬の毎週土曜日にヴェルサイユ宮殿内の公園にて、華やかな水のショーが開催されます。

イベントの締めくくりには花火も上がります。

水と光と音楽との融合を優雅な園内で堪能できる特別なイベントとなります。

それから、夏の間の土曜と日曜には「Les Grandes Eaux Musicales」(音楽と大噴水)と題された迫力ある水のショーが繰り広げられており、多くの観光客を魅了させます。 

トリップアドバイザーは日本語で観光名所の口コミが見れるので便利ですよ。

私もよく参考にします!

フランスのホテルの口コミはこちらがおすすめですよ。

 

お勧め関連動画


合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る