フランスに関するありとあらゆる情報を載せています☆

アリゴテとは?おすすめや特徴、味を紹介!

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
初めまして。当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡
詳しいプロフィールはこちら

ワインは色んな品種のブドウを使って作られます。それぞれの品種によって、特徴が違い、また配合やどこで作られるかによっても、ワインの味が変わってきます。

アリゴテの品種の特徴やおすすめのワイン、一緒に食べると美味しい料理などについて説明します。

スポンサードリンク

関連記事→ワインの産地や特徴を説明!フランス・イタリア・スペインなど

 

アリゴテのワインの特徴

アリゴテ種とは、フランス中東部にあるブルゴーニュ地方で収穫される白ワイン用のぶどうの品種です。白ワインでは最も多く作られる「シャルドネ」に次ぐ品種ですが、近年ではその生産は減少傾向にあります。

その特徴は、シャルドネ種よりも生き生きとした酸味のある軽くてフレッシュなワインが多くみられます。独特の緑がかかった白ワインを生み出すのも特徴です。アリゴテ種のワインは値段がリーズナブルであることがかえって、「シャルドネ」よりも劣ったイメージを有してしまうのかもしれません。

 

アリゴテの品種

アリゴテ種は、非常に古くからあるブルゴーニュの品種で、シャルドネやピノノワールなどの栽培には適さないものの、ぶどう樹の生育には適する土地において人気があります。近年の発見で、ピノ・ノワールとグーエ・ブランの交配で生まれた品種であることが明らかになりました。

シャルドネより粒が大きくたくさんの実をつけること、発芽・熟成が早くワインの出荷サイクルが短いこと、病気などにも丈夫なことからブドウ農家の中では作りやすい品種となっています。ただ、アリゴテを生産している農家は、どうしても小規模農家・家族経営が多いため、その生産量が限られてしまいます

 

アリゴテの主な産地

アリゴテが栽培される地域は、ブルゴーニュ地方だけです。その「ブルゴーニュ」の中で最も価値があるのが「ブーズロン」という場所が特定されていることが特徴です。

このブーズロンは気候条件・土壌ともに最もアリゴテに適した土地と言われており、アリゴテ100%のワインのみを造る産地として有名です。

また、近年では、「モレ・サン・ドゥニ」もアリゴテの栽培として隠れた人気があります。アリゴテは、早熟なことから8月には収穫がなされることも特徴的です。

スポンサードリンク

関連記事→ワイン用のブドウ品種の特徴を一覧に!おすすめはこれだ!

 

アリゴテの味や香り

アリゴテは、他品種に比べて劣って見られがちです。それは、酸度が高く、ふくよかさに欠けるワインのイメージが強いからと思われます。アリゴテの味としては、 爽やかで透明感があるの香り、キリッとした酸味、スッキリと味わい、キレのある後味が特徴的です。多くのアリゴテのワインは、酸味が強いこと、軽さが最大の特徴です。

香りは、リンゴ、ライム、グレープフルーツといった果実の爽やか、フレッシュ感が際立つワインが多いです。

 

アリゴテのワインのおすすめ

アリゴテが使われているワインとしては、「ドメーヌ・ドーヴネ」「コシュ・デュリー」があまりに有名なヴィンテージワインです。

オススメのワインとして、巨匠ドメーヌ・ラモネが造る「ドメーヌ・ラモネ・ブルゴーニュ・アリゴテ2002」、世界最高峰の白ワイン生産者に選出されたドメーヌ・ ルフレーヴより独立したオリヴィエ・ルフレーヴが造る「オリヴィエ・ルフレーブ」、歴史あるルイシャド社が造る「ルイ・ジャド」などがあります。

 

アリゴテに合う料理

アリゴテは非常に酸味がありますので、日本食には非常に相性がよいと思われます。

例えば、天ぷら、しゃぶしゃぶ、刺身といった素材を生かした料理には最適だと思われます。また、イカ、カキやホタテ、サーモンといった魚介類との相性もバツグンです。魚介のパスタやアクアパッツア、ソールのクリームソース、魚介のサラダだけでなく、塩焼きの焼魚、うなぎの白焼きといった料理もいいですね。塩で食べる焼き鳥も相性が合うと思います。

関連記事→ワイン初心者にもおすすめ!種類や選び方のまとめ記事


美味しいワインが飲みたい方へ

私はワインが大好きで、毎日のように飲んでいます。しかし、ワインは種類が多すぎて、きちんと勉強をしてないと何がいいのかよくわからないですよね。

知り合いは、以前、日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクションでのワインのセレクションをしていました。本当においしいフランスでのワインを現地でセレクトしていたんですね。

ワインに詳しい人だと自分で選ぶことが出来るかもしれませんが、よくわからない場合は、まずはワインに詳しいソムリエが選んだワインを飲んでみたらいいと思います。ソムリエが選んだワインでこの値段!ビックリすると思います!




ワインと一緒に美味しいチーズを食べたい

ワインに合わせるには美味しいチーズが必須です。美味しいワインは、一緒に何を食べるかによって、美味しさが何倍にもなりますね!

あなたの家の近くではチーズが買えますか?私もチーズが好きなのですが、日本だと世界中のチーズを手に入れる場所が限られますよね。

そこでおすすめなのがナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』です。

こちらのサイトでは日本では手に入りにくい世界中のチーズを扱っています。

ちょっと奮発したワイン。それに合わせるのはスーパーのチーズじゃ淋しい…

全国にフレッシュな状態で発送してくれるので、ぜひご覧になってみてください。




ワインについて勉強する方法

このページを見ているあなたは、ワインについて興味があるのだと思います。ワインの勉強をしたら、自分で美味しいワインを選ぶこともできるようになり楽しいですね!

ワインについて自分で勉強する方法はいくつかあります。
  • 本を読む
  • ワインソムリエの講座を受けてみる

ワインに関する本はたくさんあり、すぐに始めるのは簡単ですが、読んでいるだけだとよくわからないという方も多いはず(実際に私もそうでした)。

そんな方におすすめなのが、ワインソムリエの講座を受けて勉強するという方法です。

ただ、ワインソムリエの講座って高いんでしょ?って思いませんか?

確かに、通学やオンラインなど全国でたくさんワインソムリエの講座はありますが、どれも数万円かかるものばかりです。

そんなあなたにおすすめなのがスキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】です。【オンスク.JP】は、なんと月々980円で全ての講座の資格学習コンテンツが利用し放題なんです。

ワインソムリエ以外だとアロマテラビー検定講座や、簿記、ファイナンシャルプランナーなど20以上の講座があります。これらが全て同じ料金で受講し放題なんですね!

講義は、資格の学校TACによるノウハウが凝縮された、充実の講義ムービーとなっており、スマホやPCを使い、好きな時に好きな場所で好きなだけ学ぶことが出来ます。

インターネットが発達して、色んな事が安く利用できる時代になりましたね。

ぜひこちらを利用して勉強してみて、楽しいワインライフを送ってください★

スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
初めまして。当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フランス散歩 , 2018 All Rights Reserved.