ボンボンショコラとは何?美味しいレシピや通販できるお店を紹介!

21079ba5f23ca7c7deb4b6c49c383bdc_s

皆さんはもうチェックしてますか?チョコレート好きにはたまらないボンボンショコラを…。パリで誕生したチョコレート最大級の世界の祭典「サロン・デユ・ショコラ」ではたくさんのボンボンショコラが紹介されました。

ボンボンショコラは、フランス語ではBonbons au chocolat(ボンボン・オ・ショコラ)といいますが、一体何なのか、おすすめのボンボンショコラと共に紹介しますね!

スポンサードリンク

関連記事→かっこいいフランス語の単語が知りたい!メールアドレスやお店の名前に

 

ボンボンショコラとは何?

d21d7de310252276b93f7757976dbc52_s

ボンボンショコラは一口サイズの中身をチョコレートでコーテイングされたものです。ボンボン(bonbon)はフランス語で飴を意味するのですが、まさに飴のようなチョコレートという意味なのですね。一見、どれも美味しそうなので、運命のチョコレートとなかなか巡り会うのが難しいです。

またこのボンボンショコラ、職人さんの出身国や修行を積んだ店などによってもチョコレートが全然変わり、チョコレートの元祖であるフランス式かベルギー式かによっても種類が変わってきます

関連記事→可愛いフランス語の単語が知りたい!メールアドレスやお店の名前に

 

人気のボンボンショコラの中身は?

477940a6047b61627d9f79cc23d1f31c_s

肝心のボンボンショコラの中身ですがどんなものが人気なのでしょうか?

・ガナッシュ…生クリームとチョコレートを混ぜて作った口溶けの良いチョコレートのことです!ボンボンショコラやトリュフにはガナッシュのセンターが人気ですね!
・ロシェ…フランス語で岩などの意味のボンボンショコラを表します!ナッツやアーモンドなどで岩のごつごつを表現しています!
・プラリネ…こちらもボンボンショコラのセンターによく使われる中身です!ナッツを砂糖で絡めたものやペーストしてチョコレートと混ぜ込んだものを言いますね。

「サロン・デユ・ショコラ」ではフランス式が多い様子でしたが、今回はそんなボンボンショコラのレシピをご紹介していきたいと思います!

関連記事→ハッピーバレンタインをフランス語でなんて言う?メッセージも紹介!

 

ボンボンショコラのレシピ紹介

ボンボンショコラのごだわり★1製法

フランス式…センターのチョコをガナッシュなどで作り、包丁やギッターという針金で四角にカットして、上から溶かしたチョコレートで中身にコーテイングするもの。コーテイングには薄さや層に職人さんの技が問われるわけです!

ベルギー式…モールドと言われる「型」にチョコレートを流し、固まってからセンターを作っていきます。ボンボンショコラの歴史はベルギーの方が古く、形が大ぶりや厚みがあるのが特徴です。

関連記事→ショコラドソーテルヌが大人気!貴腐ワイン入りチョコ、クリスマスやバレンタインに

ボンボンショコラのこだわり★2チョコレートの味の種類で選ぶ

チョコレートを選ぶ時、あなたはビター派ですか?ミルク派ですか?

ビター…カカオ豆から採れるカカオマスと、カカオマスから絞り採ったカカオバターから作られます。カカオをふんだんに使った純粋なカカオの味ですね。

ミルク…乳製品を含んだカカオで出来たチョコレートのことですね。ビターに比べると少しマイルドになります。

関連記事→バレンタインデーは男性から?海外ではどうする?

 

今回はバレンタインでも使えるボンボンレシピをお見せしますね!スタンダードで馴染みのあるコーヒーガナッシュとミルクチョコレートのボンボンショコラをご紹介しちゃいます。

〈材料〉
スイートチョコ 200グラム
生クリーム 100グラム
水飴15グラム
エスプレッソコーヒーの粉 10グラム(インスタントコーヒーならちょっと多めで)
バター 20グラム
カルーアリキュール 大1~1.5
ミルクチョコ 100ぐらむ
ミルクチョコ 300グラム
転写シートなどあれば

〈作り方〉

  1. クッキングシートに4角を1㎝づつ空けてガナッシュの型を作ります。
  2. 30個作る場合、5×6(12㎝×14㎝)のシートを用意します。
  3. 生クリームと水飴を耐熱容器に入れて沸騰するまでレンジで加熱します。
  4. 60℃の湯煎でビターチョコレートを溶かし45℃まで温度を下げていきます。
  5. 生クリームと水飴にビターチョコレートを少しずつ混ぜ入れ半分くらいを入れて滑らかに混ぜます。
  6. バターとエスプレッソコーヒーを加えて混ぜる。バターが溶けなければ湯煎にかけながら混ぜます。
  7. 最後にリキュールを入れて混ぜたら一晩24時間常温で冷やして固めます。
  8. 固まったらクッキングシートから放していき薄くテンパリングをしたミルクチョコレートを片面塗っていきます。
  9. ビターのチョコの面を底にしながら、定規を当てて端を1㎝切り落とし2×2㎝の正方形を作っていきます。
  10. コーテイング用のミルクチョコをテンパリングしたらガナッシュをミルクチョコレートにフォークなどで鎮めます。
  11. 引き上げたらボウルの隅などで余分なチョコレートを落とします。
  12. チョコが固まる前に転写シートをゆっくりのせて軽く押さえたら常温で冷やします。
  13. 一晩常温で冷やしたら転写シートをはがして角などを奇麗に切り落とします。できあがりです!

スポンサードリンク

関連記事→フランス語の数字の読み方を覚えよう!音声と動画も紹介!

 

ボンボンショコラが通販できるお店は?

34a333c732544bced2ce27db9eb0fdb9_s

人気のボンボンショコラですが、バレンタインも近いこともあり、通販できるお店もご紹介されています!主婦の友、婦人画報さんでもバレンタインでボンボンショコラの特集が組まれているようですよ!

また、最近ではオーガニック食材が世界でも注目されていますよね。今回ボンボンの海外通販を行っているのはナチュラルカートさん

また、スイーツなら鉄板の百貨店からも通販がバレンタインに向けて出ている模様…。ご予約はお早めに!

 

まとめ

いかがですか?バレンタインも近づくシーズン!繊細な彫刻の様なチョコレートは今から心躍りますよね。今年は是非、世界の食べる彫刻を味わってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

関連記事→フランス人が英語を話せないのは本当?発音っていいの?

 

おすすめ関連動画

 

合わせて読みたい記事



カテゴリー

ページ上部へ戻る