アロマオイルのブレンド方法が知りたい!割合や効能も紹介!

アロマオイル ブレンド

アロマオイルに色んな効能があるということは有名ですが、どういう風にブレンドしたらいいのか、知らない人も多いはず。今回は、ブレンド方法についてお話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事→アロマテラピーの効果・効能の紹介

 

ブレンドとはどういうもの?

2種類以上の精油を組み合わせたり、キャリアオイルで希釈することをいいます。

精油本来が持つ力をブレンドすることによって更に相乗効果が得られたり、香りの調合時間を調整する目的もあります。

よく香水などに使われる手法して知られています。

 

アロマオイルの紹介

いわゆる精油と呼ばれるものになります。

精油は自然の植物抽出液ですが、それは自然の状態とはちがいかなり濃縮されたエキスとなっています。

自然だから誰にでも使っていいものでもないのです。

精油を安全に使用するために注意点をまずあげておく必要があるでしょう。

関連記事→アロマオイルのディフューザーは加湿器タイプがお勧め?選び方を説明!

 

避けた方がいいのはどういう場合?

次のような状況の人は、アロマオイルは避けた方がいいといわれています。

◆手術直後

◆急性疾患

◆感染症

◆重い喘息、てんかん、糖尿病、心臓病、がん、甲状腺分泌過多

◆精油、植物油アレルギー

◆ホメオパシーを受けている場合他

◆妊婦

◆高齢者

◆赤ちゃん~3歳まで(ブレンドなし)キャリアオイルのみOK

注意:乳幼児は3歳までは香りで楽しみましょう。

ただ赤ちゃんは嗅覚が大人が思っているよりも、かなり敏感です。香りで気分が悪くなることも考えられます。

赤ちゃんや乳幼児のいるご家庭は香りは控えめが適正ですね。7歳まではカモミールとラベンダー、ティートリーだけにしましょう。

まだ臓器がしっかりと大人になっていないので弱めの精油が子供には優しいのです。14歳くらいまでは精油の濃度は大人の半分にするのが適切です。

*濃度1%以下:幼児、小児、高齢者、妊婦、リラクゼーション目的

 

ブレンドの方法は?

大人向け肌質に合わせた化粧水をつくります。

*コツ:精油1滴が1%もし、娘さんも(14歳以下)一緒に使用する場合はローズウォーターは倍量にしてくださいね。

大人が30mlなので14歳以下だと倍希釈なので60ml必要です。

スポンサードリンク

関連記事→アロマオイルで不眠とおさらば!安眠のためのブレンド方法を紹介!

 

準備するもの

ローズウォーター30ml肌質にあった精油

【脂性肌用】

ゼラニウム2滴ラベンダー2滴イランイラン2滝

 

【ニキビ肌用】

イランイラン1滴レモンセントティートリー1滴ラベンダー2滴ゼラニウム2滴

 

【敏感肌用】

カモミール2滴

 

【乾燥肌用】

フランキンセンス2滴カモミール2滴ローズウッド2滴

 

【普通肌用】

ラベンダー2滴ゼラニウム2滴パルマローザ2滴

 

【若返り肌用】

ネロり1滴ローズマリー1滴ラベンダー2滴バラ1滴フランキンセンス1滴ローズウォーター(バラ水)はバラの花びらを水蒸気蒸留法という抽出法によりバラの成分を水に移した芳香水です。

 

かつて、あのクレオパトラも愛したといわれるバラは美肌効果がありバラ水は若返りの水ともいわれているのです。

このローズウォーター(バラ水)をベースにブレンドされた化粧水は非常に高価なバラのエッセンシャルオイルを入れて作った化粧水と同じ役割をしてくれるでしょう。

香りにも癒され日頃の疲れからきっと解放されるはずです。

このローズウォーター(バラ水)化粧水だけでなくコロンやリフレッシュナーとしてもお使いいただけます。

 

まとめ

精油は不思議なもので、以前好きだった匂いが体調の変化などによって突然嫌な臭いに変わったり、嫌いな匂いが心地よい香りになっていたりと変化したりします。

特に女性はホルモンの影響っもあってその変化が著名に出やすいようです。

季節や、体調に合わせてパッチテストを行いながら化粧水を作り変えていくのもいいかもしれませんね。

関連記事→アロマ検定や資格に興味!独学でインストラクターになれる?

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事



カテゴリー

ページ上部へ戻る