ブリュット(BRUT)とはどういう意味?セック(SEC)などとの違いは?

e74fe41c4d53917dfa418dd34990da21_s

スパークリングワインやシャンパンを見ているとブリュット(BRUT)やセック(SEC)という文字が書いてあることがあります。これらはどういう意味を表しているのでしょうか。両者の違いについても説明しますね。

スポンサードリンク

関連記事→ワインの産地や特徴を説明!フランス・イタリア・スペインなど

 

ブリュットとはどういう意味?

シャンパンやスパークリングワインのラベルには、よく「BRUT(ブリュット)」という記載があります。これは、スパークリングワインの辛さを表した言葉で、ブリュットの記載のあるワインは基本的に辛口のワインであることを意味します。

この表記は、義務ではありませんので記載のないスパークリングワインもあります。しかし、記載がある場合はワインの名前だけで辛さがわかるありがたい表記です。ワインショップでワインを選ぶときは販売員さんに尋ねれば良いですが、スーパーや量販店で買うときには辛口か甘口かの判断が難しいですよね。そんなとき、このブリュットの表記が頼りになります。覚えておくだけで、辛口を飲みたかったのに開けてみたら甘口だった、ということが無くなるので、ぜひ頭の片隅に置いておいてください。

 

ブリュットとセックの違いは?

スパークリングワインの辛さはなにで決まるのでしょうか。それは、スパークリングワインの作り方に由来します。スパークリングワインを発酵させるとき、二次発酵と呼ばれる過程でお砂糖を添加して発酵の材料にします。この作業をドサージュと呼びます。この、入れるお砂糖の量を調節することで、辛口から甘口までさまざまなスパークリングワインを作ることができます。

Extra Brut(エクストラ・ブリュット)は、極辛口。添加する糖分はかなり少なめかもしくはゼロで、このゼロのワインのことをノン・ドサージュやブリュット・ナチュールと呼びます。

Extra Dry(エクストラ・ドライ)は、やや辛口のこと。ドライというと辛そうなイメージがありますが、エクストラ・ブリュットとくらべると随分優しい辛さです。

Sec(セック)は、やや辛口とやや甘口の間。糖分を残しながらもキリッとさも残る、優しい甘さです。

Demi Sec(デミ・セック)は、セックよりも糖分を多く添加したやや甘口。

Doux(ドゥ)は、甘口のことです。

スポンサードリンク

関連記事→ワイン用のブドウ品種の特徴を一覧に!おすすめはこれだ!

 

シャンパンとブリュットの関係

フランスのシャンパーニュ地方で作られるスパークリングワインだけが名乗ることを許されるシャンパンは、スパークリングワインの頂点ともいうべき存在です。シャンパンを作るワイナリーであるシャンパーニュメゾンでは、5〜8千円で販売される「スタンダードキュヴェ」と呼ばれるフラッグシップワインの他に、甘さを強くしたものや熟成を長くしたものなどをスタンダードキュヴェよりも少量生産していることが多いです。基本的に、スタンダードキュヴェはBrutで作られるため、シャンパンのほとんどはBrutであると言えます。

ラインナップとしてブリュット・ナチュールやセック、デミ・セックを作っているメゾンは多いですが、全体としての割合は10パーセントか20パーセント程度でしょう。

 

ブリュットなどで表す他のお酒

フランスの中で作られたスパークリングワインでも、シャンパーニュ地方で作られていないものや、シャンパーニュ製法を取っていないものは、シャンパンとは呼べません。シャンパンも含むフランスで作られるスパークリングワインのことを、ヴァン・ムスーと呼びます。ヴァン・ムスーの中には、シャンパン、ムスー、クレマンなど製法や生産地による分類があり、このムスーやクレマンなどのシャンパン以外のスパークリングワインも先程説明した表現で辛さが評価されます。

基本的に、甘口か辛口かを表現するBrut(ブリュット)か、Sec(セック)またはDemi Sec(デュミ・セック)あたりが多いでしょう。また、こちらも大半のものはBrut(ブリュット)、つまり辛口です。

関連記事→ワイン初心者にもおすすめ!種類や選び方のまとめ記事

私はワインが大好きで、毎日のように飲んでいます。しかし、ワインって種類が多すぎて、何がいいのかよくわからないですよね。そのため、いつもワインに詳しい知り合いにおすすめを聞いています。

知り合いは、以前、日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクションでのワインのセレクションをしていました。本当においしいフランスでのワインを現地でセレクトしていたんですね。気になる人はぜひ!

ワインと一緒に美味しいチーズを食べたい

ワインに合わせるには美味しいチーズが必須ですが、あなたの家の近くではチーズが買えますか?私もチーズが好きなのですが、日本だと世界中のチーズを手に入れる場所が限られますよね。

そこでおすすめなのがナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』です。

こちらのサイトでは日本では手に入りにくい世界中のチーズを扱っています。

ちょっと奮発したワイン。それに合わせるのはスーパーのチーズじゃ淋しい…

全国にフレッシュな状態で発送してくれるので、ぜひご覧になってみてください。


スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る