セカンドワインとはどんな意味?おすすめや一覧を紹介

MIYA16021608DSC_2194_TP_V

ワインに触れていると、セカンドワインという言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。セカンドと聞くと、何か劣っている?と感じるかもしれませんが、実際にはそういうわけではありません。ではセカンドワインはどういったものなのでしょうか。おすすめと共に、説明しますね。

スポンサードリンク

関連記事→ワインの産地や特徴を説明!フランス・イタリア・スペインなど

 

セカンドワインとはどんな意味?

セカンドワインとは厳しく選別した最上級のブドウを使って造られるファーストワインに惜しくも使用されなかったブドウを使って造られるワインのことを言います。セカンドワインと言っても劣っているという訳ではなく、ファーストワインとセカンドワインに使われるブドウは同じ畑で採れるものです。その中でファーストワインに使うかセカンドワインに使うかを選別します。

セカンドワインに使われるブドウは樹齢の若いものが中心です。セカンドと言ってもファーストワインと同じ収穫年、醸造家なのでファーストの味わいを感じることができます。

また、ファーストワインは飲みごろになるまで長期間にわたっての熟成が必要となりますが、セカンドワインは若いブドウが使われるため早い段階で飲みごろを迎えます。セカンドワインはファーストワインの半額以下で販売されており、ファーストワインと比較して価格が安いという利点があります。

セカンドワインはファーストワインには届かない品質というだけで、多くの基準をクリアしてるワインです。なので、それなりの品質を持っているワインと言え、高い品質でありながら安価で楽しめるものです。

 

セカンドワインの種類一覧

ファーストワインでトップクラスのワインと位置付けされている、シャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・ラトゥール、シャトー・マルゴー、シャトー・ムートン・ロートシルト、シャトー・オーブリオンの5つのファーストワインを「五大シャトー」呼びます。その中で品質面でファーストワインのレベルに達しなかったものをセカンドワインと呼ばれます。

トップクラスに位置する五大シャトーにはどんなセカンドワインがあるのかと言うと、シャトー・ラフィット・ロートシルトは「カリアド・ラフィット」、シャトー・ラトゥールは「レフォール・ド・ラトゥール」、シャトー・マルゴーは「パヴィヨン・ルージュ・ド・シャート・マルゴー」、シャトー・ムートン・ロートシルトは「ル・プティ・ムートン・ド・ロートシルト」、シャトー・オーブリオンは「バーン・オー・ブリトン」と言う種類のセカンドワインとしてリリースしています。

五大シャトーのセカンドワインだけでなく、二級から五級に格付けされたシャトーのワインやブルゴーニュにもセカンドワインは存在します。

スポンサードリンク

関連記事→ワイン用のブドウ品種の特徴を一覧に!おすすめはこれだ!

 

セカンドワインのおすすめ

ファーストワインに惜しくも届かなかったセカンドワインでおススメしたいものを紹介します。それは、シャトー・カロン・セギュールのセカンドワインである「ル・マルキ・ド・カロン」です。このワインはハートのラベルで人気のボルドーワインとなっています。

セカンドワインは熟成期間が短いのが特徴ですが、その分樽の香りが控えめになるので親しみやすい味わいに仕上がります。親しみやすい味わいながらも、香りが高く豊満で力強いワインとなっています。凝縮された黒や赤のベリーのアロマに、ドライフラワーや革のアロマも混ざったニュアンスとなっており、ビターな風味を持つ中、果実の味わい豊かで滑らかなタンニンが特徴です。若いうちに飲むならセカンドワインをおススメしているほど、届いてすぐに楽しむことができるのが魅力です。

ビーフステーキやすき焼きなど味の濃い食事との相性が良いセカンドワインです。凝縮感のあるブルーベリーやカシスなどの濃厚で豊かな果実味があり、スムースな口当たりで、カカオやエスプレッソのビター感も感じ、果実味とビターの相性が良いワインです。

私はワインが大好きで、毎日のように飲んでいます。しかし、ワインって種類が多すぎて、何がいいのかよくわからないですよね。そのため、いつもワインに詳しい知り合いにおすすめを聞いています。

知り合いは、以前、日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクションでのワインのセレクションをしていました。本当においしいフランスでのワインを現地でセレクトしていたんですね。気になる人はぜひ!


スポンサードリンク


関連記事→ワイン初心者にもおすすめ!種類や選び方のまとめ記事

 

合わせて読みたい記事



カテゴリー

ページ上部へ戻る