フランスに関するありとあらゆる情報を載せています☆

タナとは?おすすめや特徴、味を紹介!

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
初めまして。当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡
詳しいプロフィールはこちら

ワインは色んな品種のブドウを使って作られます。それぞれの品種によって、特徴が違い、また配合やどこで作られるかによっても、ワインの味が変わってきます。

タナの品種の特徴やおすすめのワイン、一緒に食べると美味しい料理などについて説明します。

スポンサードリンク

関連記事→ワインの産地や特徴を説明!フランス・イタリア・スペインなど

 

タナのワインの特徴

タナとはフランス南西地方の固有品種で、赤ワイン用の品種です。上質なものはフルボディの長熟ワインになります。ピレネー山脈に近いフランスのバスク・ピレネー地方で栽培されています。丈夫で収穫量が多い品種です。

タンニンが強いワインが造られるので、他の品種を混ぜてバランスを良くすることが多いです。力強い渋みと豊かな酸味が特徴で、長期熟成に向いている品種です。非常に色が濃く、アルコール度数が高めのコクのあるワインとなります。渋みであるタンニンの品質が良く、豊かにあることが特徴です。

生命力が強く、深い色合いを持つ力強いワインを造り、タンニンに丸みを帯びるようになり、高い長期熟成能力を持ちます。

 

タナの品種

「タナ」という名前は「タンニン」に由来してると言われているほど色が濃く、渋みが多いブドウです。タナは果房が大きいですが、果実が小さいもしくは中程度の大きさです。

色が濃く、渋みが多く、酸がしっかりとしたワインを生み出す品種です。高品質で骨格がしっかりとした熟成に最適な赤ワインを造りだします。

若いうちはブラックベリーやカシスなどの黒い果実の香りが豊かで、グラス2杯飲んだだけで歯が黒くなってしまう程の濃さです。熟成するにつれてなめし皮やジビエのような野性的な香りも出て、20年ものの熟成期間を経ても、渋みと酸味が十分に感じられる長期熟成型の品種です。

タナ種はポリフェノールの含有量が他の赤ワイン品種と比較して2倍から4倍と言われています。

 

タナの主な産地

タナの栽培はフランス南西地方で盛んに行われています。フランス南西部ボルドーから南に約100キロの場所に位置するマディランで生産されています。フランスの他にウルグアイでも栽培されています。

タナは元々フランス南西地方が原産のブドウ品種ですが、ヨーロッパの移民者によってウルグアイにもタナが持ち込まれるようになり、現在では「ウルタナ」と呼ばれるほどウルグアイを象徴するブドウ品種にまでなっています。

タナは乾燥に弱い特性があるので水分を適度に保持し、水はけの良い土壌で育てるのが良い条件です。粘土石灰質の土が最高に合います。タナは海洋性気候に向いている品種なので水分を定期的に必要とし、乾燥しないようにすることが大切です。

しかし、熟するのが遅い品種なので、日照に恵まれた環境も大切です。灰色カビ病に弱いので、晩秋に雨が弱いことも必要です。タナの収穫は晩秋にかかる時期に行われることが多いです。

スポンサードリンク

関連記事→ワイン用のブドウ品種の特徴を一覧に!おすすめはこれだ!

 

タナの味や香り

タナの香りはラズベリーやドライアプリコット、アメリカンチェリーなど熟した果実のような香りを感じます。若いうちは果実味が豊かで、ブラックベリーやカシスなどの赤い果実に発酵させていない黄色いタバコのような植物的な香りも感じられる豊かな香りも持ち、ジビエや毛皮のようなニュアンスが出ます。

プラムを凝縮させたような味わいにスパイシーさをプラスし、渋みがある、上品な味わいのワインです。若いうちと熟成してからの味わいに違いがあるのが特徴です。

 

タナのワインのおすすめ

「タナセレクト」がおススメです。スミレやカシスの香りを感じ、濃厚で凝縮された果実味があり、スモークなタバコのような風味もあります。キメ細かい渋みをもち、程良い酸味がバランスよくあります。濃厚なワインですが、丸みがあるので飲みやすいです。

それから「マディラン」もおススメです。タナの特徴であるタンニンが豊富に感じられ、コクのある赤ワインです。若いうちは濃いルビーのような赤色で、チェリーやカシスを連想させる香りがし、濃密なフルーツのアロマが感じられます。フルーツの香りの中に渋みや酸味も豊かなワインです。5年から10年熟成させることでなめし皮や土のような香りも感じられるようになります。

 

タナに合う料理

肉料理との相性が特に良く、肉料理の中でも牛や仔羊などの赤身ロースト肉と良く合います。また、白カビやウォッシュタイプのチーズとも相性が良いです。渋みが強い特徴があるタナを使ったワインは肉料理との相性は抜群です。

タナが持つ凝縮された果実味と渋みが肉の脂っこさを程良く洗い流してくれるので、肉と相性が良いのです。特に牛肉と合わせるのがおススメです。

フォアグラや果実のソースを使った鴨肉のローストと一緒に食べるのもおススメです。

関連記事→ワイン初心者にもおすすめ!種類や選び方のまとめ記事


美味しいワインが飲みたい方へ

私はワインが大好きで、毎日のように飲んでいます。しかし、ワインは種類が多すぎて、きちんと勉強をしてないと何がいいのかよくわからないですよね。

知り合いは、以前、日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクションでのワインのセレクションをしていました。本当においしいフランスでのワインを現地でセレクトしていたんですね。

ワインに詳しい人だと自分で選ぶことが出来るかもしれませんが、よくわからない場合は、まずはワインに詳しいソムリエが選んだワインを飲んでみたらいいと思います。ソムリエが選んだワインでこの値段!ビックリすると思います!




ワインと一緒に美味しいチーズを食べたい

ワインに合わせるには美味しいチーズが必須です。美味しいワインは、一緒に何を食べるかによって、美味しさが何倍にもなりますね!

あなたの家の近くではチーズが買えますか?私もチーズが好きなのですが、日本だと世界中のチーズを手に入れる場所が限られますよね。

そこでおすすめなのがナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』です。

こちらのサイトでは日本では手に入りにくい世界中のチーズを扱っています。

ちょっと奮発したワイン。それに合わせるのはスーパーのチーズじゃ淋しい…

全国にフレッシュな状態で発送してくれるので、ぜひご覧になってみてください。




ワインについて勉強する方法

このページを見ているあなたは、ワインについて興味があるのだと思います。ワインの勉強をしたら、自分で美味しいワインを選ぶこともできるようになり楽しいですね!

ワインについて自分で勉強する方法はいくつかあります。
  • 本を読む
  • ワインソムリエの講座を受けてみる

ワインに関する本はたくさんあり、すぐに始めるのは簡単ですが、読んでいるだけだとよくわからないという方も多いはず(実際に私もそうでした)。

そんな方におすすめなのが、ワインソムリエの講座を受けて勉強するという方法です。

ただ、ワインソムリエの講座って高いんでしょ?って思いませんか?

確かに、通学やオンラインなど全国でたくさんワインソムリエの講座はありますが、どれも数万円かかるものばかりです。

そんなあなたにおすすめなのがスキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】です。【オンスク.JP】は、なんと月々980円で全ての講座の資格学習コンテンツが利用し放題なんです。

ワインソムリエ以外だとアロマテラビー検定講座や、簿記、ファイナンシャルプランナーなど20以上の講座があります。これらが全て同じ料金で受講し放題なんですね!

講義は、資格の学校TACによるノウハウが凝縮された、充実の講義ムービーとなっており、スマホやPCを使い、好きな時に好きな場所で好きなだけ学ぶことが出来ます。

インターネットが発達して、色んな事が安く利用できる時代になりましたね。

ぜひこちらを利用して勉強してみて、楽しいワインライフを送ってください★

スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
初めまして。当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フランス散歩 , 2018 All Rights Reserved.