ホメオパシー療法とは?どんな治療に効く?

ホメオパシー療法

医学には薬物療法自然治癒力療法(ホメオパシー療法)の二つの病気の治し方があります。

どっちの方法も長所と短所があります。

薬物療法は病状が深刻のときは効き目が大きいです。

自然治癒療法は軽い病状の時はメリットが大きいです。

薬物療法は普通に医者に行くともらえる薬です。

自然治癒療法(ホメオパシー療法)は東洋医学から来ています。

フランスでは保険適用になっています。

スポンサードリンク

関連記事→フランスでガストロに!一体どんな病気?

 

ホメオパシー療法とは

一種の作用のある植物をかなり薄めて砂糖の玉にして飲むことです。

どっちかというと薬物療法は科学的でホメオパシー療法は非科学的な傾向があります。

このことも人々があまりに科学的であるために薬物療法だけが正しいと信じられているというバックグラウンドが大きくなってしまったのかもしれません。

でも人にとっては科学的なことと非科学的なことの両方が大切な気がとてもします。

つまりどちらかだけが重要というわけではなく、両方とも大切な療法であるような気がしています。

どちらかというと外科ではないですが、肉体的な外傷ほど薬物療法が役に立つような傾向があり、精神的なものほどホメオパシー療法が役に立ちます。

人間には肉体的な側面と精神的な側面があるので当然といえば当然ですね。

 

バランスが一番

なにごともバランスが一番大切といいますが、両方の療法をバランスよく扱い融合すれば、一番効果のあると思います。

実際はどっちを選択するかはきわどい問題になってしまいますのですが、一番大切なことは何事も予防といいますが本当にその通りです。

たぶん人によってどっちの治療が好みかということが一番大切なので本当に最後は治療を受ける人の価値観が一番大切です。

たぶん納得のいくことを信じてその治療法を信頼しないと全く効果がないのが医療というものだからです。

でも治療法を信頼したからといってすべてが解決するとは限りません。

精神性を重視する人に多いのですが、ホメオパシー療法だけを信じ込んでも現実は精神論だけではできていないようです。

また肉体面だけを重視してしまっても薬物療法に頼ってもうまくいきません。

スポンサードリンク

関連記事→パリ症候群ってどんなもの?海外の反応は?

 

生活習慣のバランス

そもそも病気になるということは生活習慣のバランスが悪くなることから始まることが多いようです。

普段の生活で肉体面と精神面を充実させることが一番大切です。

肉体面ではとにかく散歩でもいいので運動することです。

精神面ではやはり笑うことでしょう。

笑うことはお金はかからないのにもかかわらずものすごい効果があります。

笑う門には福きたりではないですが、幸せにもなれるし、いいことがおこるかもしれないということで、いいことづくめの気がします。

また散歩もお金がかかりません。

時間は多少はとられますが、好きな場所に行けば問題はなにもないでしょう。

健康を維持する方法はたくさんありますが、好きなスポーツを見つけるというのも健康維持には最適です。

平日デスクワークの人はとにかくできるだけ運動をして、家族と笑いながら幸せに過ごすことをこころがけるだけで全然人生が変わってくるかもしれません。

関連記事→花粉症ってフランスにもある?どう対策する?

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク

合わせて読みたい記事



カテゴリー

ページ上部へ戻る