フランスに関するありとあらゆる情報を載せています☆

シャルドネとは?ワインの特徴やおすすめを紹介!

Yoshi
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
初めまして。当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡
詳しいプロフィールはこちら

ワインは色んな品種のブドウを使って作られます。それぞれの品種によって、特徴が違い、また配合やどこで作られるかによっても、ワインの味が変わってきます。

シャルドネの品種の特徴やおすすめのワイン、一緒に食べると美味しい料理などについて説明します。

スポンサードリンク

関連記事→ワインの産地や特徴を説明!フランス・イタリア・スペインなど

 

シャルドネのワインの特徴

シャルドネはフランスのブルゴーニュの村から生まれた白ワイン用ぶどう品種の代表格。リンゴの香りやトロピカルフルーツの様なフルーティな香りの白ワインだけでなく、シャンパーニュ地方で生産されるシャンパンや、「ブランドブラン」と呼ばれる100%シャルドネで出来たスパークリングワインにも使用されます。

キリッとしたミネラル感の強いシャブリや、まろやかなムルソー、モンラッシュなどは、鶏肉やクリームを使った料理にもとても合います。

 

シャルドネの品種

フランスブルゴーニュ地方のマコネにある村、Chardonnayから名付けられたものとされ、世界で最も素晴らしいぶどうの品種の一つ。ピノ・ノワールとグーエブランの交配によるものとされています。

シャルドネのアロマは、環境やワイン製造のスタイルにより、キリリとスッキリワインから、コクのあるバターの様な風味まで幅の広い香りを持つワインが作られています。全体的に、冷涼な土地で作られると、花の様な植物感やミネラル感が強くなり、温暖な土地で作られると果実味が強まる傾向があると言われています。

 

シャルドネの主な産地

フランスのシャルドネは、単一種で作るワインのぶどう品種として非常に有名でありながら、スパークリングワイン、シャンパンの原料としても使われます。

アメリカ合衆国、オーストラリア、イタリアなど世界で広く栽培され、冷涼な地域、温暖な地域、それぞれに味も深みも異なってくる。収穫と醸造はワインつくりの上で鍵となる工程で、9月から10月のぶどうが望ましい熟度に達し、糖分と果汁のバランスを見て行います。収穫には、手摘みと機械の二つの方法があります。

スポンサードリンク


関連記事→ワイン用のブドウ品種の特徴を一覧に!おすすめはこれだ!

 

シャルドネの味や香り

シャルドネは、病気や春霜にかかりやすいとされているが、初芽が早く適応性も高い。冷涼な土地から温暖な地域まで良質なワインを作ることができます。

アメリカなど温暖な地域で栽培されるシャルドネは、りんご、グレープフルーツ、桃、パイナップルやメロンなどと言った、トロピカルのようなフルーティな香りが多く、一方、冷涼なフランスのシャブリ地方のシャルドネは、ミネラルが強くスッキリとした香りと辛口な風味が、牡蠣などに合うとされ親しまれています。

 

シャルドネのワインのおすすめ

フランスのシャルドネで有名なシャブリ。キンメリジャンと呼ばれる石灰岩を主体としたミネラルが豊富な土壌で栽培されるため、ミネラルな風味と辛口な白ワインで人気が高い

その中にもシャブリグランクリュ(特級)は1ヘクタールあたり4,500リットルという生産量の制限が課されています。他にも、シャブリプルミエクリュ(1級)、シャブリ、プチシャブリ(シャルドネ種だけでなく、アリゴテ種などを使用してもよい)などがあり、それぞれのランクでまた風味も違うとされています。

 

シャルドネに合う料理

フルーティな香りや、ナッツ、パンの焼けたようの香りが楽しめる温暖な土地で栽培されたシャルドネには、鳥肉のロースト、子牛のソテーの様なヴィアンドブロンシュと呼ばれる肉料理や、白身魚のクリームソース、サーモンのムニエルなどバターが効いた様な料理がお勧めです。冷涼な土地やミネラル感があるシャルドネは、牡蠣やエビのレモンソースなど、前菜に食される様なさっぱりとした料理に添えると、こちらも、より一層シャルドネの風味が生かされる組み合わせだと思います。

関連記事→ワイン初心者にもおすすめ!種類や選び方のまとめ記事


美味しいワインが飲みたい方へ

私はワインが大好きで、毎日のように飲んでいます。しかし、ワインは種類が多すぎて、きちんと勉強をしてないと何がいいのかよくわからないですよね。

知り合いは、以前、日本未入荷ワインが毎月2本届く!ミシュラン星付きセレクションでのワインのセレクションをしていました。本当においしいフランスでのワインを現地でセレクトしていたんですね。

ワインに詳しい人だと自分で選ぶことが出来るかもしれませんが、よくわからない場合は、まずはワインに詳しいソムリエが選んだワインを飲んでみたらいいと思います。ソムリエが選んだワインでこの値段!ビックリすると思います!




ワインと一緒に美味しいチーズを食べたい

ワインに合わせるには美味しいチーズが必須です。美味しいワインは、一緒に何を食べるかによって、美味しさが何倍にもなりますね!

あなたの家の近くではチーズが買えますか?私もチーズが好きなのですが、日本だと世界中のチーズを手に入れる場所が限られますよね。

そこでおすすめなのがナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』です。

こちらのサイトでは日本では手に入りにくい世界中のチーズを扱っています。

ちょっと奮発したワイン。それに合わせるのはスーパーのチーズじゃ淋しい…

全国にフレッシュな状態で発送してくれるので、ぜひご覧になってみてください。




ワインについて勉強する方法

このページを見ているあなたは、ワインについて興味があるのだと思います。ワインの勉強をしたら、自分で美味しいワインを選ぶこともできるようになり楽しいですね!

ワインについて自分で勉強する方法はいくつかあります。
  • 本を読む
  • ワインソムリエの講座を受けてみる

ワインに関する本はたくさんあり、すぐに始めるのは簡単ですが、読んでいるだけだとよくわからないという方も多いはず(実際に私もそうでした)。

そんな方におすすめなのが、ワインソムリエの講座を受けて勉強するという方法です。

ただ、ワインソムリエの講座って高いんでしょ?って思いませんか?

確かに、通学やオンラインなど全国でたくさんワインソムリエの講座はありますが、どれも数万円かかるものばかりです。

そんなあなたにおすすめなのがスキマ時間を有効活用できる【オンスク.JP】です。【オンスク.JP】は、なんと月々980円で全ての講座の資格学習コンテンツが利用し放題なんです。

ワインソムリエ以外だとアロマテラビー検定講座や、簿記、ファイナンシャルプランナーなど20以上の講座があります。これらが全て同じ料金で受講し放題なんですね!

講義は、資格の学校TACによるノウハウが凝縮された、充実の講義ムービーとなっており、スマホやPCを使い、好きな時に好きな場所で好きなだけ学ぶことが出来ます。

インターネットが発達して、色んな事が安く利用できる時代になりましたね。

ぜひこちらを利用して勉強してみて、楽しいワインライフを送ってください★

スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事
この記事を書いている人 - WRITER -
Yoshi
初めまして。当サイト管理人のYoshiです☆ 当サイトにお越しいただきありがとうございます。 私は、2010年よりフランスの田舎街在住で、フランス人夫と2人の娘、ネコと一緒に暮らしています。 ママブロガーで、パソコン一台で収入を得ています。 フランスに住んでいると、楽しいことだけではなく色んな事があります!! そういう色々な情報を提供していけたらいいなとおもいます。 カメラが大好きで、フランスでカメラ女子を広めるのが夢です(フランスでは日本ほどカメラをしている女性がいません)。 元祖カープ女子です♡
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© フランス散歩 , 2018 All Rights Reserved.