プールの日焼け対策はどうする?日焼け止めは使える?

日焼け対策

 

真夏の季節が近づいてきました。

今年も子どもをプールに連れて行きたいと楽しみにしています。

子連れだと目を離さないようにしたり、入れるプールも限られていたり思うように行動できませんが、水着姿ではしゃぐ姿を見るのは癒されますよね。

さて、ママにとっての最大の敵は、紫外線ではないでしょうか。

真夏の日に数時間でも太陽の下にいれば、すぐに日焼けをしまいます。

普段は公園通いでも、プールとなると露出部分も増えます。

子どもの真っ黒な姿は可愛いものの、大人になるとそうはいってはいられません。

そこで日焼け対策を考えていきます。

スポンサードリンク

関連記事→日光・太陽アレルギーの症状や原因は?検査法も紹介!

 

日焼け対策として日焼け止めは使えるのか

日焼け対策として真っ先に思い浮かぶのは、日焼け止めですよね。

プールに行く前はもちろん、お昼休憩に塗り直すなど小まめに手入れをしてあげるといいですよね。

顔ばかりに意識がいきがちですが、首やデコルテを忘れないようにしたいです。

顔だけ白いということになり兼ねません。

しかし塗りすぎると白く浮かび上がってしまうので、注意が必要です。

学校のプールの学習では、濾過器が故障してしまうとのことから禁止しているところが多いようです。

肌が弱い等医者からの診断書があれば許容しているところもあります。

女子同士のトラブルの元になるからと回答している学校もありました。

民間の施設でも場所によっては禁止しているところもあるそうです。

関連記事→アロマテラピーの効果・効能の紹介

 

日焼け対策

大きめの帽子を被る、サングラスをかける、ラッシュガードを着るなど、紫外線から肌を守る対策をしたいですね。

家に帰った後のアフターケアで日焼けの沈着を防ぐことができます。

紫外線に浴びて疲れたお肌を労ってあげましょう。

出かける前に濡らしたタオルを冷凍庫に入れておきます。

そして帰ってきたら顔にのせます。

ひんやりとして気持ちがいいのと、日焼けによる火照りを抑えることができます。

顔だけではなく、日焼けが気になるところに当ててもいいですね。

またプチプラで買った化粧水を、コットンにたっぷり含ませて顔をパックします。

肌が潤われているのが実感でき、至福のときです。

ビキニを着た際には背中も赤くなってしまうので、同じように背中にもパックをしてあげましょう。

子どもに手伝ってもらうのもいいですね。

仕上げには乳液をつけるのを忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事→紫外線対策はどうする?カットの方法は?

 

ここまで日焼け対策について書いてきましたが、日焼けをするのもかっこいいという意見もあるでしょう。

ほんのり日焼けをして、子どもたちと楽しく笑い合うママってかっこいいですよね。

スタイリッシュな服装でさりげなくアクセサリーをつけるのもおしゃれです。

ただ人によっては肌が弱いなど体質もあるので、自分の肌と相談をするのが一番です。

日焼け対策をする時間は自分自身を優しくケアする時間でもあります。

また逆に日焼け推奨派のママは、日焼けした自分をみて、さらに自分自身の魅力が上がるのではないでしょうか。

今年の夏も自分を磨き、子どもと楽しく笑い、思いっきり遊ぶひと時を過ごしたいですね。

関連記事→アロマオイルとは?人気なものを紹介

 

お勧め関連動画

スポンサードリンク

 
合わせて読みたい記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る